【Q&A】〇〇に使えるレメディはありますか?

 

慢性的な症状がある場合、

たいていの人は薬を飲みますよね。

 

症状がそこまでひどくなければ様子見だけど

悪化したときだけ、薬を飲むとか。

 

たまにであっても、

何か月も何年も薬を飲む機会があると

こころのどこかで、『このままでいいのかな?』と思い出す。

 

そんなタイミングで

ホメオパシーや私に出会うと

『薬を飲まずに済むかも』と、期待する。

 

セルフケア

そもそも、〇〇って?

〇〇には、病院の診断名が入ることが多いです。

私がよく質問される〇〇は、次のようなものがあります。

 

頭痛
中耳炎
花粉症
鼻炎
アトピー
生理痛
肩こり
etc.

診断名も症状も混ざっていますが

特には区別されずに言われることが多いです。

 

レメディ選びに必要なのは、病名ではなく症状です

ホメオパシーが出来た頃は

それほど病名はなかったでしょうし

病名が同じでも、症状は様々です。

 

ホメオパシーで必要なのは、症状を細かく見ること。

 

特定の臓器が絡んだりするので

病名も参考にはしますが、あくまでも、症状です。

 

だから、セルフケアの本を開いても

ざっくりとした項目しかなかったりするのです。

 

Ex)
目のトラブル
鼻のトラブル
口のトラブル
生理のトラブル
おなかのトラブル
子どものトラブル

セルフケアレベルで使うときは

使えそうな病名も限られてくるので、細目が作られていたりはします。

 

生理痛

 

薬は使わなくても、レメディを慢性的に使うのは?

先に挙げた病名は、たいていが継続したり繰り返すものです。

セルフケアで使うレメディは、対症療法的なものなので

薬と同じように、治るわけではありません。

 

むしろ、レメディをだらだら使い続けることで

薬で抑制していたものが出てきたり

変にスイッチが入って

ほかに症状が噴き出してきたりする可能性もあります。

 

私の周りではそのような使い方をしている人はいない(はず)ので

まだ出会ったことはないですけどね。

 

慢性的な症状なら、個人相談が近道

慢性的な症状が続いているならば

個人相談にて、その根本原因を解消する必要があります。

 

人によって原因は異なり

それは、セルフケアの使い方では解消できません。

初心者講座でお話しています)

 

もちろん、すぐに改善していく人ばかりではないので

薬あるいはレメディで対症療法的にセルフケアもしていきます。

 

食事や生活の見直しをしても

なかなか改善がみられないのであれば、

一度、個人相談を受けてみませんか?

 

ホメオパシー個別相談はこちら