もうすぐ立春!春になると気になる症状はありませんか?

 

ふと思い出したのですが

酵素系の薬って、酵素が入っていますよね?
原材料は、動物の臓器なんですよ。。。

薬の説明書を読んでいたら
それに気づいて、 

「うぇぇぇぇ」となった、新人薬剤師の私。
若かったなあ

 

陰陽五行

 

春はどうして解毒の季節と呼ばれるの?

『春は解毒の季節』と言われるのは 

春は肝の季節であり 
肝が解毒を担うからですよね。

世間の解毒のイメージと
肝の解毒は少し違う気はしますが。。

冬にエネルギーをため込み 
春に一斉に芽吹いていくかのように
要らないものを外に出そうとしますよね。  

 

毒素
よくコップで表しますよね

 

わかりやすいところで

●花粉症

●じんましん

 

要らないものを

 

涙として

鼻水として

湿疹として

からだの外に出そうとします。

 
 

科学的ではなくても、傾向はあるよね

目に見えないお話も含まれますが
例えば、よく聞く話が
 
『小麦をあまり食べないようにすると、花粉症が軽くなった。』

 

この場合、

小麦が肝(または腸?)に負担をかけていて
それを止めたことで、肝の負担が軽くなり、きちんとはたらいている。
その結果、花粉症の症状も軽くなったのだろう。

しかし、西洋医学の考えでいけば

花粉症の原因は花粉であり

小麦や肝は関係ないとなるかもしれない。

 

とはいえ、肝臓に使う薬を
じんましんや薬疹などの湿疹が出たときにも使うので
アレルギーと肝臓の関係は無関係とも言えないのである。

エビデンス(根拠)がないからどうのこうのというけれど
これは、医学も同じですからね。。。

色々知ると、エビデンスエビデンス言うのもなあ
でもデータの積み重ねも大事だけど。。。

と、悶々とするはめになります 笑

 

肝がお疲れではないですか?

イライラしたり

ビール欲しくなったり

じんましん出たり

甘いものほしくなったり

夜中に目が覚めたり

 

そんなこと、起こっていませんか?

あ、私かな?

 

解説は五行セミナーで全体的にみていきますよ。

 

 

講座&イベントメニュー一覧
●おくすり健康相談のご予約はこちらから
●継続健康相談のご予約はこちらから
●健康美コースの申込みはこちらから

【販売中】
Materia Medica(42種レメディ辞典) 詳細はこちらから
予防接種講座(動画) 購入はこちらから

リクエスト開催・招致のお問合せはこちらから
問い合わせフォーム(外部サイト 24時間受付中)
●050-3697-0401(平日10:00~17:00)
移動や講座セッション中等で電話に出られないことがございます。
その場合は折り返しご連絡致しますので、留守電にメッセージをお願いします。