世界中で使われているホメオパシーとは

Homeopathy(ホメオパシー)とは

ギリシャ語のhomoios (似たもの)、patheia(苦しみ)が語源


似たものが似たものを癒す という意味合いの
同種療法(または類似療法)と訳されることが多いです。

それに対し、現代医学はアロパシー(異種療法)と呼ばれています。

約200年前のドイツで、ハーネマン医師により確立され
現在では、国によっては医療保険が使えたり、
医師のみが薬のように処方出来るとされていることも。

ホメオパシーで使用するレメディは安価なため
貧富の差が激しい国では、西洋医学と二分するものとなっています。
(元々、ホメオパシーは世界五大療法の1つです)

ホメオパシー

現代医学との違い

現代医学では、診断名から薬剤を決定するのに対し
ホメオパシーでは、現れている症状を全体的にみてレメディを決定します。

例)生理痛

現代医学 → 鎮痛剤
ホメオパシー → どんな痛みか?
         温めると楽?冷やすと楽?
         前かがみになると楽?動くと楽?
         月によって痛みが異なるなら、出来事を振り返ってみよう
         ⇒総合的に合うレメディ

こんなに考えるのは面倒だと後ずさりしてしまいがちですが
本来、このくらい考えた方がいいものを
簡略化して、万人に使えるようにしたものが薬。

生活習慣や食生活、ストレスの度合いも違うのに、皆同じ薬を飲む。
多少、薬が合う合わないがあるけれど
ほぼ同じ薬を飲めばいいので、選ぶ側は楽ちんです。

でも。。楽だけど、症状しか見ていないのでは?

ホメオパシーは、
同じ病名であっても、選択するレメディは人によって異なります。
生活習慣や食生活、ストレスの度合いが違えば
選ぶレメディが異なるから。

特に慢性症状であれば、その症状が現れた原因を
その人の誕生~現在までに起こった出来事から探り
約3~4000種類あるレメディの中から1~数種類決定するオーダーメイドです。

原因には、感情も含まれるのが、大きな違いです。

 

レメディ

 
基本キット

現代医学で使用される薬は、症状を抑えるのに対し
ホメオパシーで使用されるレメディは、症状を出し切ると考えられているので
一時的に症状が悪化したように見えることもあります。
(ホメオパシーに限らず、代替療法全般)

 
これを好転反応(またはめんげん)とよぶ人が多いです。
 
 
レメディは砂糖の粒なので、基本的に、体に直接作用するものではありません。
だから、一時的な悪化も副作用とは考えませんが
我慢すればいいというものでもありません。
(軽ければ様子見をし、症状によっては合うレメディを活用します)

ホメオパシーを専門的に扱う人をホメオパスと呼び

セルフケアでは対処できない慢性的な症状の改善をサポートします。
 
日本では民間療法にすぎませんが
海外では、漢方薬局のように、ホメオパシー薬局も存在します。

ホメオパシーの考え方としては、

あくまでも改善していくのは自身の自己治癒力であり、
その力を高めるために、今の自分の状態を教えてくれるのが、ホメオパシーです。

***********************************

 

ホメオパシー初心者講座では、
これらの解説をもう少し詳しく、セルフケアの方法までお話します。

何でもセルフケアで済むわけではないですし
時には薬を使う必要もあります。

その辺りの判断は、
自己流で使っている人は見誤ることも多いので
一度、基本を学ばれることをおすすめします。

 

上部メニューから
赤ちゃんから使える新しい救急箱~ホメオパシー初心者講座~
をクリックしてご参照ください。