今後、花粉症の薬が保険適応外になる可能性も

花粉症薬を飲む

 

昨日、こんなニュースがFBでシェアされました。

 

花粉症薬、保険適応外に

 

お金がかかるようになるかも!?
どうしよう!?

そう思った方には、こちらの記事も

 

花粉症、処方薬と市販薬「大差なし」

 

薬

 

何だ、変わらないのか
良かった!!

 

そう思いましたか?

 

最大、年600億円の医療費削減効果が見込まれる

それだけ、花粉症で病院を受診している人がいるということですね。
それが市販薬になったとしたら
また色んな会社が薬を出すでしょうし
色んな対策グッズももっと増えるかもしれません。

私としては、これを機に
健康について考え直してもらうのが理想だなと考えます。

「一度、重症な花粉症を味わえ!」

といった内容のコメントが記事に投稿されていますが
そんな状態の人でも
薬をほとんど使わなくてもいいくらい改善している人もいます。

もちろん、個人差はあるでしょうし
誰がどこまで改善するかはわかりません。

そもそも、
どうして花粉に反応するのかもわかっていないのに
本当の解決策なんて見つかるはずもないのでは?

健康について見つめ直すメリットとしては
花粉症だけでなく、全体的に体調が整っていく可能性があるということ。

生活習慣病

これは、生活習慣が原因だと医者も言うわけですから
【見つめ直す=生活習慣を改善する】
つまり、生活習慣病の予防や改善にもつながります。

 

軽症の方だけでも、
見直しされるのがいいのではないかな?

 

重症でどうしようもないと思い込まれている方は
こんな薬ももうすぐ販売されるようです。

花粉症、抗体でもとからストップ ノバルティスが新薬

 

少し疑問があったので、薬の情報を探しましたが

・抗体そのものではなく、抗体(IgE)の邪魔をする薬
・抗ヒスタミン薬やステロイドで効果がないレベルが対象

・遺伝子組み換え製品
・動物実験では発がん性があるかの検証はしていない
(この薬がマウス・ラットに使えないから)

かなり。。。高額です。
対象者も少ないのでは?

 

保険適応外になるとしても
まだ先のことではあると思います。

症状が出てからでないと、向き合わない人が多いですが
本当は、症状が出ていないときから意識することが大切です。

 

だから、今のうちに準備を始めるのはいかがでしょうか?