「冷え=生理痛の原因」とは限らない

【生理痛があるのは冷えているから】

女性なら、知っているのが当たり前ともいえる
聞いたことがない人を探すほうが大変かもしれませんね。

 

雑誌を読んでいても
冷え改善のための特集が組まれていたり。

 

某CMでも

【冷えは万病のもと】

と紹介されています。

 

それ自体は、否定はしません。
巡りが悪くなれば、色々影響しますから。

でも、冷えたからといって
生理痛が酷くなるわけでもないんだなあ
そんな体験をしたので、ご紹介しますね。

 

元々、生理痛はほぼないのですが
(昔は2日目は酷かったですよ)

生理2日目に、寒い中、一日中外にいたときのこと。

防寒していても
ほぼ確実に、からだの芯から冷えてしまったので
さすがに生理痛が起こるのではないかと覚悟していたんですね。

結果。。。

そのような状況でも、生理痛は起こらず。
(鼻水は垂れ流し)

もちろん、深部体温というものがありますから
いわゆる、「子宮だけが冷える」ということはありません。
(解剖生理学的には)



東洋医学的?な
冷えというか滞りが重なることで。。とも考えますが
あれだけ冷えれば、単発でも何かありそうなのに
何もなかったという体験。

冷えはよくない
温めないといけない

嫌というほど聞くフレーズで
別に否定するわけではないですが

なぜ生理痛が起こるのか?

考え直したいきっかけの出来事でした。

そもそも、
温めれば痛みが和らぐので
イコール「冷えている」と思っている人が多いだけなんですけどね。

要は、血行不良だからと。

 

温めることで、筋肉がゆるんだのかもしれませんし
血行不良だけが原因とは言えません。

冷えさえ解消すれば、生理痛は起こらない

そうではないよと言えるきっかけになったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です