妊娠〜授乳期のトラブルに我慢以外のおてあて法〜おうちケア講座③〜

妊娠~授乳期
それは、最も薬を使いたくなくて
使える薬もほとんどない時期

何か症状があっても、我慢するしかない

そんな声をよく聞きます。
授乳期間によりますが、2年前後は薬が使えない。
でも、まったくトラブルがない人はほとんどいません。


この時期に起こるのは、どんなトラブル?

風邪をひくことはもちろんのこと
逆子になったり
おなかが張りやすかったり

出産中も
分娩が進みにくかったり
会陰切開したり
後陣痛が進まないことも

産後であれば
母乳の出が悪かったり
子宮の戻りが悪かったり
帝王切開の傷が痛んだり
乳首が切れると痛いですよね

もちろん、産後うつになる人もいます。

そんなとき、薬以外のお手当があれば
断乳しなくても済むかもしれません。

母乳にこだわる必要はないのだけれど
途中で断乳するとき、
自分を責めるお母さんは少なくありません。

症状はもちろんですが
お母さんのこころが安定していると
それは赤ちゃんにも伝わり、笑いかけてくれるでしょう。

自然療法なら何でもOK?

取り入れやすいものとして、アロマテラピーがありますね。
香りもいいし、癒されます。

でも、何でもそうですが
無害なものはありません。

自然のものはからだに良さそうなイメージがありますが
自然の力は強く、より注意が必要なことも多いです。

使ってはいけないのではなく
きちんと知る必要があることを知ってもらいたい。

薬はもちろんのこと
自然療法の中にも、妊婦が使えないものがあるということを。

だからこそ、プロから学んでもらいたいのです。

まだ出産前の比較的動きやすい時期に、ぜひご参加ください。
もちろん、妊活中や2人目を考えている方もご参加くださいね。

 

内容詳細

【日時/場所】


【参加費】7,000円

現在、妊活中で
妊婦さんや赤ちゃんを見るのがつらいという方は
個別対応も致しますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。