飲める薬が少ない妊婦や妊活中の方にもおすすめの対策とは?

 

年末年始、体調不良で寝込んでいた人も多かったですね。
ご家族が寝込んでいた妊婦さんは、
自分にうつらないかドキドキされたことでしょう。

妊娠を意識した時に考えなければいけないこと。

 

 

授乳中もそうですが、
『使用可能な薬が少ない』

何故だかはわかりますか?

妊婦さんに新薬を試せないから、どんな影響が出るのか不明

妊娠中のトラブルだけに使う薬(ウテメリンとかね)は
もちろん妊婦さんに治験を行っています。

 

でも、それ以外の
痛み止めだったり風邪薬だったりは、妊婦さんには治験を行いません。

必ず避妊を約束してもらった上で、参加してもらいます(男性も同様)。

もし、治験参加中に妊娠してしまった場合、
出産後まで経過を確認していきます。

妊娠がわかった頃に、赤ちゃんの身体が出来始めるので
薬の影響で催奇形性(からだの異常)の可能性がゼロではないからです。
動物実験の段階で、ある程度の予測はしますが
やはり人間が飲むと異なる結果が出ることもあるので。

大半の薬の説明書には、こう記載されています。

 

妊婦または妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみ投与すること(妊娠中の投与に関する安全性は確立していない)


授乳中の婦人に投与することを避け、やむをえず投与する場合には授乳を中止させること(動物実験で乳汁中への移行が報告されている)

脅しているようで申し訳ないが、実際に記載されている内容です。
(動物実験で催奇形性が報告されているという記述がある薬もあります)

では、どうしても処方したいときはどうするか?

メーカーに問い合わせ、使えるのかどうか確認します。
大抵の場合、説明書通りの回答しかもらえないので
あとは担当医と本人との話し合い次第になります。

授乳に関しても、〇時間空けたらいいとか、確認します。
(妊婦授乳婦に対して使用できるかのリスト本もあります)

そのリスクを負ってまで、
飲まなければならない薬か症状かなんですよね。

風邪薬くらい飲まなくてもと思うけど
咳をしすぎるとお腹に響くし、しんどい。。

わが子がお腹すかせているのに、授乳が出来ない。。

そんな時に、レメディを使えば、症状が緩和したり授乳も可能です。
子宮の戻りも後押ししてくれたり、乳腺炎や産後うつのフォローも出来ます。

 

赤ちゃん

検査では夫婦共に問題はないのに、
なかなか妊娠しないケースは個人相談の対象になってきます。
(こころの問題だったりもするし、自分ではどうしようも出来ない場合に)

もちろん、婦人科系疾患をお持ちの方で
妊娠を意識する前にからだを整えていきたい
そんな方にも活用頂けます。


ただし、難しいところですが

妊活って、時間をかけることができるのは
20代の女性までだと思います。

自然妊娠にこだわる気持ちもわかりますが
後で後悔しないよう、不妊治療も検討してみてくださいね。
違う面からのホメオパシーの併用も可能です。
(ストレスケア等)

不妊治療に抵抗がある方は
まずはどういう選択肢が自分にあるのか
認定不妊カウンセラーにご相談されるのもおすすめです。

 

一緒に仕事をさせていただいている笛吹和代さんなら
安心してお任せできます。
(もちろん、必ず妊娠できるとは限りませんが)

一度、お問い合わせくださいね。