漢方ハーブティの味が苦手なのは、からだが必要としていないのか?

 

気になって商品を購入したのに
家で開封すると、「何か違うかも。。。」なんて
思うことありませんか?

 

ハーブティ

 

香りだったり
味だったり

気になるハーブティは、身体が必要としていることがあります。

この材料は好きじゃないけど
このハーブティ自体は、嫌いじゃない

とか

 

ハーブティ

 

それをよく言うからか

『じゃあ、これは好きじゃないから、必要としてないのかな?』

そんな質問をいただきました。

まあ、そう思いますよね。。。

 

でも、単に好みじゃないこともあると思います。

 

濃いめの味だと苦手だけど
薄めであれば、平気だったり。

昨日は【華】を飲みましたが
当帰は苦手だな。。。と感じました。

奈良で食べた当帰は美味しかったんだけどなあ

苦手なもんは苦手です。

それでも、時に欲したり
美味しく感じる時がくることがある。

そのタイミングが、身体が欲しているということ。

普段、漢方ハーブティを選ぶときに
チェックリストから選んでもらったり
眼心からおすすめしたりします。

だから、単品を購入されることが多いので
比較ができないのが難点。。。

良さそうと思っても、味の好みもありますしね。
試飲して、一番気に入るものを選べたらいいけどねー

 

大事なのは、感じること。味わうこと。

 

きちんと、感じられていますか?

5月には、試飲会を開催予定です。
8種類を同時に試飲できるので、楽しみにしていてくださいね♪