花粉シーズン前に出来る治療法【減感作療法】

病院 薬

 

昨日はレーザー治療についてご紹介しました。
今日は、減感作療法について。

 

減感作療法とは?

アレルギーの原因物質(アレルゲン)を
少しずつ体内に取り入れることで
身体にアレルゲンを慣れさせ、アレルギー症状を出しにくくする方法。
アレルゲン免疫療法とも呼ばれています。

食物アレルギーでも、似たことをしますよね。

 

現在は、舌下にのせるタイプ皮下注射があります。

 

メリット

・舌下投与なら痛みは無し

・舌下投与は自宅で行える(初回は病院で)

・1年目の花粉シーズンから、症状が和らぐことが期待される

・アレルギー症状を長期間和らげることができる

・症状が和らぐことで、花粉シーズン中の薬を減らすことができる

・100年以上前から行われている

 

スギ花粉を使って、スギ花粉症を改善する。
つまりは同種療法ですよね。

100年以上前からって、
まさにホメオパシーじゃないかと思うのは私だけでしょうか。

 

デメリット

・3~5年続けることが必要

・メカニズムは解明されていない

・治るとは限らない

・治療終了後、また症状が悪化していく可能性もある

・アレルゲンを取り入れるので、重篤なアレルギー症状が出る恐れもある

・花粉シーズンには出来ない

・スギ花粉とダニ用しか薬がない

・舌下投与は服用方法をきちんと守る必要がある

 

皮下注射:月1受診時に

舌下投与:自宅で毎日服用

 

特に舌下投与は、
薬ごとに舌下にのせておく時間が決まっています。
それを守らないと、期待できる効果が得られないので
患者の理解度が重要になります。

 

国内の治験では、5歳から実施し
成人と変わらない効果があったとされています。
海外では、5歳未満でも有効性があり
安全性にも差はないとされています。

 

でも、前述の理由により
方法を理解できる年齢(7歳頃)から
推奨する病院もありますので
お近くの病院にご相談ください。

 

舌下投与について相談出来る病院は
こちらのサイトから検索できます。