薬と食事の学びの違い

 

明日から新セミナーが始まります。

題して、
薬剤師による10代女子のママ向け《痛み止めと生理痛》セミナー


話すことは決まっているのに
なかなか資料がまとまらず
仕事仲間相手に説明してみたりして

やっとこさ、形になったかな?という状況。

何でまとまらないんだろう?
そう考えた時に思ったのは、【学びへのハードルの高さ】

食事や栄養に関しては、毎日のことなので
比較的、すぐに情報に飛びつくし
小学校の頃から栄養の勉強はするので、取り入れやすい。

対して、薬は身近ではあるけれど
きちんと学ぶ場もなく飲んでいるし
病気になったから飲むものなので、選択肢はないと思っている。

そして、用語がとても難しい。。。
かみ砕いて説明しようがない部分もあるし
でも、そういう部分が1つでもあれば
「このセミナーは難しい」でまとめられることもある。

今回も、
ここを説明しなくちゃ始まらないという部分があって
でも、そこが『難しかった』と言われてしまいました。

その上、
症状1つとっても
人によって原因や状況が違うので
「この場合はこう」と説明しにくい部分があるのです。
ある意味、一番難しい講座なのかもしれない。

言い訳と言えば、言い訳。

私の言い訳なのか?
あなたの言い訳なのか?

 ↑ ↑

これが伝われば、
オールOKな気がするセミナー前夜なのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です