楽しみながら元氣になる陰陽五行セミナー

 

2018年、WHOが鍼灸や漢方などの
伝統医療を認める方向にあるとのニュースがありました。

WHOの目的と
世間の感覚とはまた違うようですが
最近、ほんと東洋医学や薬膳がブームですよね。

 

陰陽五行は色んなもののベースになっている

東洋医学や薬膳が広まったことで
陰陽五行も知られるようになりましたが


『知っているようで、言葉しか知らない』
『なんとなく聞いたことはある』
『どう活用していいのか、わからない』
『図の見方がわからない』

 

そんな声をよく聞きます。

東洋医学を学ぶ人は
当然知っている陰陽五行ですが
薬膳を少し学んだ程度であれば、
相生相克の図が理解できないという話を聞きます。


実際、
『薬膳を勉強中です』という方が
よくこのセミナーに参加されます。


1回聞いただけではなかなか理解しづらく
そして、講師が変われば、若干内容も変わるのは
古くから伝わるものだからかもしれません。

私自身、陰陽五行と関わりだして3年以上経ちますから。

 

 

私のセミナーの場合、
さらにホメオパシーも加味したオリジナルです。


元々、
【怒り・興奮・甘え・悲しみ・不安】
といった感情は、五行にも分類されます。


そこに、ホメオパシーの考えを加えることで
氣の状態や薬を使うことの身体への影響等
西洋医学では見えないものも見えてくることがあります。


 

それを体感してもらうために、このセミナーでは
相生相克の図の見方を知るとともに
自分の過去の経験や病歴を
実際に、この図に当てはめていきます。

もしかしたら、
自分では気づいていない小さなトラウマが
症状となって表れていたことに気づくかもしれません。


症状
トラウマに対する感情
好みの食べ物
こころ/身体がしんどい時間帯
寝付く時間
目がさめる時間
etc.


何気ないことでも、付箋を貼っていくと
偏りが出てくることがあります。


それによって、
今ある症状が出てきた原因に、自分で気が付く人も。
グループで行うので、他の方と比較するのも面白いでしょう。


ちなみに、
人のタイプも5つに分けられると言われていて
眼をみて確認するのが眼心です。
(生年月日から計算する方法もあります)


性格も声も歩き方も、それぞれ特徴があるんです!

 

今、眼心の練習中ということもあり
このセミナー内で、希望者には眼心体験をしていただけます。

 

体調とタイプは異なることもありますが
よりおすすめの健康管理法などお伝えしていきます。


陰陽五行をベースに作られた漢方ハーブティもございます。
飲みやすくて美味しいし
お茶なので、気軽に取り入れやすくておすすめです。
(当日もご購入いただけます)

 

いつもセミナー後に眼心をしておりましたが
今回、先に眼心をしてからセミナーに入ります。
待っていただいている間に、ワークをしていただく予定です。

念のため、時間を3時間に延長しておりますが、ご了承ください。

 

セミナー詳細

【日時/場所】
2019年6月4日(火) 10:00-13:00 大阪難波

【参加費】
4,000円(事前振り込み)

申し込みはこちらから

別日での開催リクエストがあれば
問い合わせフォームよりご連絡ください。