今シーズンの花粉症症状はどうだった?

今年のスギ花粉シーズンは
ちょうど新型コロナの影響もあり
引きこもっていた人も多いですね。

マスクが買えなくてしんどい思いをされた方も。

花粉症

引きこもっていたからか
今シーズンは少し楽だった気がするという人もいれば

今年、花粉症デビューされた方も

今年は例年よりスギ花粉は少な目と言われてたのに
どう解釈すればいいのでしょう?

1つ言えるのは

花粉の量だけの問題ではないということ。
1つの要因ではありますけどね。

花粉に大気汚染物質がくっついてて
それに身体が反応してるんだ説もありましたが
新型コロナの影響で、大気汚染が改善されたばかりか
オゾン層まで復活してきていましたよね。

これもまた、要因の1つにすぎないのでしょう。

1人1人、本当の原因が違うのであれば
皆と同じ対策をしていても意味がないのかもしれませんよ。

花粉が飛び出した〜この流行には鈍感でありたい〜

先週くらいから

鼻がむずむずする〜

そんな話をちらほら見かけるようになりました。

量は少なくても

敏感な人は反応してしまうのですね。

薬

新型コロナには

マスクはあまり予防になりませんが

花粉症には、マスクすることは意味があります。

マスク不足は、花粉症の方にも大打撃の模様

1人ひと箱制限により

レジは長蛇の列で時間がかかりますね…

マスクが手に入らなくて辛いなら

他の方法も取り入れてみては?

薬は予防にはならないので

本格的に花粉が飛び出す前に

薬に頼らない生活をはじめませんか?




今年はスギ花粉は少ない模様

【はなこさん】て、ご存知ですか?

はなこさん情報

環境省の花粉観測システムのことです。

気象庁は、花粉飛散予測

去年は暑すぎたから

今年は、スギ花粉は少ない模様。

それなら、花粉症もマシなのかしら?

花粉症

例年並みの症状なら

花粉の量以外の問題があるということかもしれませんね。

花粉対策におすすめのグッズもあります。

薬に頼らない薬剤師にご相談くださいね。




炎症や風邪・花粉症の症状はからだの防衛反応

花粉症

 

私の中では当たり前のことですが
話をすると、「なるほどー!!」と
いまだに言われるお話です。

 

症状はからだの防衛反応である

全てこれで片づけていいのかは微妙ですが
(便秘とか)
よくある風邪や花粉症の症状は
少なくとも、からだが防衛しています。

 

子ども 熱 風邪

 

腫れ ⇒ 血管壁を白血球が通りやすくするため

発赤 ⇒ 血流量を増やし、組織修復を早めるため

発熱 ⇒ 病原菌の増殖を抑えるため、免疫細胞を活性化させるため

くしゃみ、鼻水、咳、嘔吐、下痢
   ⇒ 病原体をからだの外に追い出すため

 

このように、正常なからだの反応なのです。

 

もちろん、わたしたちの感覚的には
つらい不快な症状だと思い込んでいるので
薬を飲んでしまいます。

 

薬を飲む

からだの防衛機能を押さえてしまっているんですね。

 

だから、6月に入ってからも
インフルエンザで学級閉鎖が起こったりしていますが
きちんと熱を出せたりしていること自体は
ある意味、問題ないとは思います。

ただ、発症をゆるしてしまうくらい
呼吸器の防御反応が弱っていることに関しては
考えものだなと感じます。

 

今年は花粉症の症状がひどい人が多かったので
もしかすると、
免疫系のバランスが崩れているせいかもしれませんね。

 

からだの仕組みは複雑なので
こういう風に、切り取らずに全体を考える必要があります。

難しいですけどね。

 

せめて、良い悪いではなく
バランスをとることを意識してもらえたらと思います。

 




薬に頼らない身体つくりを勧める理由とは?

花粉症薬を飲む

 

花粉症の方でも、時々、伺いますが
長期間、薬を飲み続けたせいか
薬が効かなくなってきたり

症状が悪化して、喘息症状が出る人もいます。

小さい子が花粉症と診断されたら、、?

どの薬もそうですが
ずっと使い続けることで
段々、その薬が効かなくなっていくことはあります。

 

薬

 

他の薬に変えたり

強い薬に変えたり

量を増やしたり

 

エンドレスですよね。
だからこそ、薬を開発しつづけなければなりません。

 

それが、薬を使わなくても
症状が出ない身体作りに意識を向けられるように
どうにかならないのかな?と日々考えます。

 

そうすれば、薬が効かなくなる状況を回避できそうじゃないですか?

 

健康な体つくりを意識出来たら
他の病気の予防にも繋がっていく

医療費削減にも貢献できそうですが、いかがですか?

 

健康を維持するために出来ること

 

もっと考えてみませんか?




今年花粉症がひどかった人は、来年に向けて今から対策を

 

今年は花粉の飛散量が多く
花粉症デビューした人や
落ち着いてたはずが、ぶり返した人も

かといって、

無事に過ごした人もいますよね。

 

花粉症じゃない人を探す方が大変な気もしますが。

 

スギ 花粉

 

たいていは、花粉が飛び始めてから
対処しようとするので
薬がバンバン売れます。

2~3月のテレビCMや薬局ポスターは
花粉症の薬やマスクだらけじゃないですか?
(もちろん風邪薬もあるけど)

 

そして、薬以外を求める人たちに対しては

 

・症状が出てから●●を食べても効果はない
(他の民間療法についても同じ)

 

と書かれていることがほとんどです。

 

確かに、
抗アレルギー作用があるわけではないので
直接的に症状が治まることはないでしょう。

 

しかし、もっと早くから
可能であれば年中意識して
そういうものを食べたり
ツールを使うことで

 

体調を整えていくことができれば

 

結果的に、
花粉症改善にもつながっていくでしょう。

 

なぜ、早い時期からなのか?

細胞は、日々、破壊と分裂を繰り返し
生まれ変わっていることは知られています。

わかりやすいところでいえば
肌のターンオーバーですよね。

約半年で、
身体の細胞がほぼすべて入れ替わるなんて話もあります。

今のからだは、半年前に食べたもので作られている

そんな話を聞いたことありませんか?

 

食事改善

 

もちろん、
もっと時間をかけて入れ替わる細胞もあるでしょうし
年齢にもよるので、絶対ではありません。

 

でも、少なくとも半年くらいはかかると考えれば

来年の花粉症対策を考えると
今から対策を講じることは必須と言えませんか?

 

何でもそうですが、
地道にコツコツ続けるのは
なかなか大変ですし、続きにくいです。

でも、逆を考えると

気づかぬうちに、少しずつ悪化していって
花粉症デビューをして、初めて気づいたわけです。

 

そのくらい、少しずつ。

 

東洋医学等の考えでも
不調が出るまでにかかった時間だけ
回復するにも時間がかかる

と言われています。

 

だからこそ、

薬を飲んでいても、治らないなあ
なんだか、他の花粉にも反応し始めた
春だけだったのが、秋にも症状が出てきた

 

そんなことに気づいた方には
早めの対策を講じてもらえたらと思います。

 

今は面倒だと思うかもしれませんが
花粉症が一生涯続くと考えたら
それよりはマシだと思いませんか?

 

折角の機会なので
将来のことを考えてみてはいかがでしょうか?




アレルギー症状の寛解状態とは?

解放

 

寛解とは?

国立国語研究所によると

症状が落ち着いて、安定した状態

症状が一時的に軽くなったり、消えたりした状態。
このまま治る可能性もあるし、場合によっては再発することもある。

あくまでもキープするだけなので
ふとしたきっかけで、再度、症状が出ることもあります。

花粉症なら、花粉に過度に反応しなくなった状態ですね。
アレルギー症状自体が軽いか出ない状態。

 

治ったように思いがちだけれど

花粉の飛散量が増えたり
何らかの影響によって
また花粉症の症状が出たりするのが寛解になります。

 

ハッピー

 

他の病名で寛解と言われるものには
アトピー性皮膚炎・喘息・ネフローゼ症候群・白血病
などがあります。

 

治ったのではなく、症状が出ていない状態をキープ。

 

花粉症の完治・根治で検索する方もいらっしゃいますが
実際は、なかなか厳しいところ。

 

どうやってキープしていくかが問題ですよね。
人によって合う対策は違うし
エビデンスは?と聞かれれば、ないものが大半です。

それでも、ある程度の傾向はあるので
そういうのを活用するのも手だと思います。

 

注意したいのは、
花粉シーズンに始めても意味がないということ。
花粉が飛び始める前から始めることで
万全の体制を整えていくことが大切になるのです。

 

それでも症状が出る場合は、薬を飲めばいい。

少しずつ準備を始めることで
薬を飲む回数を減らすことが出来たらいいなと
薬剤師だからこそ、願うのです。




花粉症は治るものなのか?

花粉

 

国民の4人に1人が花粉症と言われる現在。
アンケート対象者によっては、2人に1人。

だからこそ、気になるのが

【花粉症は治るのか?】

 

花粉症

 

早ければ、1歳で花粉症と診断されたと
SNSで見かけたりするわけなので
そうなると、一生の問題になってきます。

 

植樹の影響で
どんどんスギも増えているし
スギ花粉が減ることは考えにくい。

他の植物も同じでしょう。

 

治療法に関しても

・数年症状が緩和するだろう
・8割の人に効果がある
・アレルギーに抵抗力をつける
・予防効果は高いが、個人差がある
・一生涯効果が持続するわけではない

など、
絶対治ります!なんてことを書く病院HPはありません。

 

そういうのを書くのは、
民間療法や食養関係でしょう。。

でも、やはり個人差があると思うので
絶対なんてことはないのです。

 

個人的には、
花粉症はアレルギーの1種なので
症状が出なくなるのは寛解状態なのだと考えます。

アトピー性皮膚炎は、そう言いますよね。

 

症状が出ない状態をキープする。

 

そんな状態になれたらいいと思いませんか?

 




花粉症とその症状はどんなものがある?

花粉

現在、日本人の4人に1人が花粉症と言われています。

我が家には今のところ花粉症はいませんが
3月頃になると
ちょこちょこ症状が出るので
可能性はゼロではないかもしれません。

一般的に「花粉症になった」と言う人は
どんな症状が出ているのでしょうか?

花粉症の症状について

そもそも、花粉症とは
季節性アレルギー性鼻炎のことを言います。

季節性がポイントで
花粉が飛ぶ時期のみ起こるアレルギー性鼻炎です。

身体が花粉を異物だと判断し
花粉を追い出そうとして起こります。

鼻の症状

鼻炎というくらいなので、鼻の症状がメインです。

●くしゃみ

●鼻水

●鼻づまり

目の症状

花粉が付着する場所には、すべて症状が出る可能性があります。

●涙

●目のかゆみ

●充血 など

花粉症の方がよく言うのは
『目玉を取り出して、洗いたい』

かゆみって、それだけ苦痛を伴いますよね。

その他の症状

●のどのかゆみ、イガイガ

●肌のかゆみ

●下痢

●頭痛

●熱っぽい など

あまり花粉症っぽくないものもありますね。

花粉症というと、目と鼻のイメージですが
いつも春だけ症状が出るという人は
もしかすると、花粉が原因かもしれませんよ。

まあ、何でも花粉のせいにする必要はないですけどね。

人によって、
どの花粉に反応するかは異なりますが
スギ花粉が多く飛散するので
スギに対する花粉症の人が必然的に多くなります。

でも、花粉であればどれでも可能性はあるはず。
現段階で、約5-60種類の花粉が原因とされています。

飛散量の問題かもしれないし
最近、よく聞くのは
花粉に大気汚染物質がくっついてるせいじゃないか?とか

スギに対してだけだったのに
ヒノキやマツも。。。

あれ?

イネやブタクサにも反応し始めた。。。
なんて声も増えてきました。

本来、花粉は異物ではあるけれど
害があるものではないはずです。

大気汚染物質だって
毎日呼吸するだけで、入り込んできているはず。

なのに、年々、花粉症の人が増えている理由。

そこを考える必要があるのではないでしょうか?




花粉対策は、いつから始めるのがいい?

花粉症

GWも明けて
スギもヒノキも、かなり落ち着きましたね。

花粉予報を見ても、飛散量は少ないです。

やっと不快な症状から解放される
と、ほっとされている方も多いのでは?

来年まで、解放される?

花粉

それで、いいの?

東洋医学には【冬病夏治】という言葉がある

東洋医学には、【冬病夏治】という言葉があるそうです。


読んで字のごとく、
冬の病は夏に治すものということ。

通常、冬の準備は
ワンシーズン前から始めるといいです。

つまり、秋からですね。

でも、明らかに症状がある方は
改善には時間がかかるわけなので
半年前から取り組む必要があるのです。

今の身体は、半年前に食べた食事から出来ている

聞いたことありませんか?

ほぼ身体の細胞が入れ替わる目安が半年と言われているので
やはり、そのくらいはかかるのです。

他にも、症状が出ている時間だけ
治るまでにも時間はかかる

とか

だから、早めに手を打ちたいんです。

問題としては、

ネットで検索する人の多くは
今ある症状を何とかしたいので
この記事を見つけるのは、
きっと来年の花粉シーズン。。。

で、毎年、
もっと早く取り組めばよかったと後悔する。

風邪でも同じようなことを言う人が多いですけどね。

いい加減、このループを断ち切りませんか?