アレルギー症状の寛解状態とは?

解放

 

寛解とは?

国立国語研究所によると

症状が落ち着いて、安定した状態

症状が一時的に軽くなったり、消えたりした状態。
このまま治る可能性もあるし、場合によっては再発することもある。

あくまでもキープするだけなので
ふとしたきっかけで、再度、症状が出ることもあります。

花粉症なら、花粉に過度に反応しなくなった状態ですね。
アレルギー症状自体が軽いか出ない状態。

 

治ったように思いがちだけれど

花粉の飛散量が増えたり
何らかの影響によって
また花粉症の症状が出たりするのが寛解になります。

 

ハッピー

 

他の病名で寛解と言われるものには
アトピー性皮膚炎・喘息・ネフローゼ症候群・白血病
などがあります。

 

治ったのではなく、症状が出ていない状態をキープ。

 

花粉症の完治・根治で検索する方もいらっしゃいますが
実際は、なかなか厳しいところ。

 

どうやってキープしていくかが問題ですよね。
人によって合う対策は違うし
エビデンスは?と聞かれれば、ないものが大半です。

それでも、ある程度の傾向はあるので
そういうのを活用するのも手だと思います。

 

注意したいのは、
花粉シーズンに始めても意味がないということ。
花粉が飛び始める前から始めることで
万全の体制を整えていくことが大切になるのです。

 

それでも症状が出る場合は、薬を飲めばいい。

少しずつ準備を始めることで
薬を飲む回数を減らすことが出来たらいいなと
薬剤師だからこそ、願うのです。

花粉症は治るものなのか?

花粉

 

国民の4人に1人が花粉症と言われる現在。
アンケート対象者によっては、2人に1人。

だからこそ、気になるのが

【花粉症は治るのか?】

 

花粉症

 

早ければ、1歳で花粉症と診断されたと
SNSで見かけたりするわけなので
そうなると、一生の問題になってきます。

 

植樹の影響で
どんどんスギも増えているし
スギ花粉が減ることは考えにくい。

他の植物も同じでしょう。

 

治療法に関しても

・数年症状が緩和するだろう
・8割の人に効果がある
・アレルギーに抵抗力をつける
・予防効果は高いが、個人差がある
・一生涯効果が持続するわけではない

など、
絶対治ります!なんてことを書く病院HPはありません。

 

そういうのを書くのは、
民間療法や食養関係でしょう。。

でも、やはり個人差があると思うので
絶対なんてことはないのです。

 

個人的には、
花粉症はアレルギーの1種なので
症状が出なくなるのは寛解状態なのだと考えます。

アトピー性皮膚炎は、そう言いますよね。

 

症状が出ない状態をキープする。

 

そんな状態になれたらいいと思いませんか?

 

花粉症とその症状はどんなものがある?

花粉

 

現在、日本人の4人に1人が花粉症と言われています。

 

我が家には今のところ花粉症はいませんが
3月頃になると
ちょこちょこ症状が出るので
可能性はゼロではないかもしれません。

 

一般的に「花粉症になった」と言う人は
どんな症状が出ているのでしょうか?

 

花粉症の症状について

そもそも、花粉症とは
季節性アレルギー性鼻炎のことを言います。

季節性がポイントで
花粉が飛ぶ時期のみ起こるアレルギー性鼻炎です。

身体が花粉を異物だと判断し
花粉を追い出そうとして起こります。

 

 

鼻の症状

鼻炎というくらいなので、鼻の症状がメインです。

●くしゃみ

●鼻水

●鼻づまり

 

目の症状

花粉が付着する場所には、すべて症状が出る可能性があります。

●涙

●目のかゆみ

●充血 など

 

花粉症の方がよく言うのは
『目玉を取り出して、洗いたい』

かゆみって、それだけ苦痛を伴いますよね。

 

その他の症状

●のどのかゆみ、イガイガ

●肌のかゆみ

●下痢

●頭痛

●熱っぽい など

 

あまり花粉症っぽくないものもありますね。

花粉症というと、目と鼻のイメージですが
いつも春だけ症状が出るという人は
もしかすると、花粉が原因かもしれませんよ。

 

まあ、何でも花粉のせいにする必要はないですけどね。

 

人によって、
どの花粉に反応するかは異なりますが
スギ花粉が多く飛散するので
スギに対する花粉症の人が必然的に多くなります。

 

でも、花粉であればどれでも可能性はあるはず。
現段階で、約5-60種類の花粉が原因とされています。

 

飛散量の問題かもしれないし
最近、よく聞くのは
花粉に大気汚染物質がくっついてるせいじゃないか?とか

スギに対してだけだったのに
ヒノキやマツも。。。

 

あれ?

 

イネやブタクサにも反応し始めた。。。
なんて声も増えてきました。

本来、花粉は異物ではあるけれど
害があるものではないはずです。

大気汚染物質だって
毎日呼吸するだけで、入り込んできているはず。

なのに、年々、花粉症の人が増えている理由。

 

そこを考える必要があるのではないでしょうか?

 

そろそろ本気で花粉症と向き合いたい人のためのプログラム

薬剤師による薬に頼らない花粉症改善プログラム

スギに反応する方は、7月スタートです。

花粉対策は、いつから始めるのがいい?

花粉症

 

GWも明けて
スギもヒノキも、かなり落ち着きましたね。

花粉予報を見ても、飛散量は少ないです。

 

やっと不快な症状から解放される
と、ほっとされている方も多いのでは?

来年まで、解放される?

 

花粉

それで、いいの?

 

東洋医学には【冬病夏治】という言葉がある

東洋医学には、【冬病夏治】という言葉があるそうです。


読んで字のごとく、
冬の病は夏に治すものということ。

 

通常、冬の準備は
ワンシーズン前から始めるといいです。

つまり、秋からですね。

 

でも、明らかに症状がある方は
改善には時間がかかるわけなので
半年前から取り組む必要があるのです。

 

今の身体は、半年前に食べた食事から出来ている

 

聞いたことありませんか?

ほぼ身体の細胞が入れ替わる目安が半年と言われているので
やはり、そのくらいはかかるのです。

 

他にも、症状が出ている時間だけ
治るまでにも時間はかかる

とか

 

だから、早めに手を打ちたいんです。

 

問題としては、

ネットで検索する人の多くは
今ある症状を何とかしたいので
この記事を見つけるのは、
きっと来年の花粉シーズン。。。

 

で、毎年、
もっと早く取り組めばよかったと後悔する。

 

風邪でも同じようなことを言う人が多いですけどね。

いい加減、このループを断ち切りませんか?

 

薬剤師による薬に頼らない花粉症改善プログラム

 

簡単な健康習慣から始めませんか?

 

リピート購入される方が増えている漢方ハーブティ

 

1杯2杯飲むと

『ああ、美味しいな』

 

1日2日飲んでいくと

『なんだか最近調子いいかも♪』

 

1ヶ月2ヶ月経つと

『あれ?いつもの症状が気にならなくなったな』

 

続けた人だけが感じる変化

小麦を減らせば、花粉症は改善する?

 

ときどき、小麦製品の食べる量を減らすと
花粉症が改善したという話を聞きますし
そういう事例もありますよと紹介します。

こういうとき、

「根拠は!?エビデンスは!?」みたいな話になります。

すみません、私、あまり見ません。
それでも、一応、薬剤師です。

あまりにも突拍子もないことだと
根拠は?と言いたくなることもあり
自分でも矛盾してるよなあと思ったりもしますが。。

漢方ハーブティの味が苦手なのは、からだが必要としていないのか?

 

気になって商品を購入したのに
家で開封すると、「何か違うかも。。。」なんて
思うことありませんか?

 

ハーブティ

 

香りだったり
味だったり

気になるハーブティは、身体が必要としていることがあります。

この材料は好きじゃないけど
このハーブティ自体は、嫌いじゃない

とか

 

ハーブティ

 

それをよく言うからか

『じゃあ、これは好きじゃないから、必要としてないのかな?』

そんな質問をいただきました。

まあ、そう思いますよね。。。

 

でも、単に好みじゃないこともあると思います。

 

濃いめの味だと苦手だけど
薄めであれば、平気だったり。

昨日は【華】を飲みましたが
当帰は苦手だな。。。と感じました。

奈良で食べた当帰は美味しかったんだけどなあ

苦手なもんは苦手です。

それでも、時に欲したり
美味しく感じる時がくることがある。

そのタイミングが、身体が欲しているということ。

普段、漢方ハーブティを選ぶときに
チェックリストから選んでもらったり
眼心からおすすめしたりします。

だから、単品を購入されることが多いので
比較ができないのが難点。。。

良さそうと思っても、味の好みもありますしね。
試飲して、一番気に入るものを選べたらいいけどねー

 

大事なのは、感じること。味わうこと。

 

きちんと、感じられていますか?

5月には、試飲会を開催予定です。
8種類を同時に試飲できるので、楽しみにしていてくださいね♪

 

体質改善したいのに出来ない理由

体質改善

 

昨日、子ども同士が同じクラスのお母さんと出会い
(学区は違うけど、上も下も保育園は同じクラス)

「今日でもう1年生終わりだよ!!早くない!?」

と言いながら別れました。

保育園の修了式から1年。
4月になれば、2年生。
6年なんて、あっという間かもしれない。

だけど、

 

あっという間なのに、体質改善には時間をかけられない

例えば、

・生理痛
・頭痛
・花粉症
・風邪をひきやすい
・疲れやすい
・便秘気味

など、何か症状がある人は、体質改善をすすめられる。

でも、頭ではわかっているし
それで改善している人がいることも知っているのに
なかなか出来ないもの。

『時間がかかるし。。。』
『そんなに長く続けられないよ。。。』
『めんどくさいじゃん。。。』

時間なんて、あっという間にすぎていく
わかっているはずなのに
自分のことになると、どうして出来ないんだろう?

 

大丈夫、私も同じです。

子どものアレルギー体質改善のため
色々調べたりしていた頃、
レンコンを摂取し続けるといいって書いてありました。

 

体質改善には3~5年かかる

とも。

レンコンパウダーを使ったりしていたけれど
段々、めんどくさくなって止めました。

そう、続かないものなのです。

 

確かに、あっという間に上の子は7歳になり
続けていれば、もっと良くなっていたのかな?
なんて思うこともあります。

じゃあ、何で続かないのでしょう?

毎日の変化には気づきにくいもの

コツコツ続けていて
本当は、少しずつ改善してきているかもしれない。

でも、自分や子どものこととなると
毎日、症状をチェックしてしまうので
変わっていないように見えるのです。

 

一週間後
一ヶ月後
一年後

と、きちんと時間をおいて比べると
しっかり改善を感じられるのですが
日々の変化は微々たるものなのです。

気づきにくい。

それで、『効果がない』と止めてしまいがち

塵も積もれば山となる

症状は早くなくなってほしいので
待てないのが問題となるのです。

 

だからこそ、プロに頼ることも大切

そこで、プロが登場します。

確かに、毎日コツコツ続けるのは自分です。
自分でやらなければ、意味がない。

 

プロに頼ることのメリットは

疑問や不安の解消はもちろんのこと
定期的に、状況を一緒に確認することで
自分では気づけなかった変化にも、気づくことができます。

 

これは、かなり大きなメリットなのです。

 

『確かに、〇〇は気にならなくなったかも』

『〇〇は変わらないけど、△△出来るようになりました』

全ての物事は繋がっています。
だから、症状自体に変化はなくても
違うところに変化が現れていることもあります。

そういうことは、関連していると思わないので
自分ではなかなか気が付くことができません。

 

どれだけ、変化に気が付けるか?

 

一緒に確認していくことで
どんどん変わっていく自分に気づくことができたら

前より積極的に行動しようとしたり
気づくだけでも、さらに変化が加速するものです。

変化に気づくと、嬉しいし楽しくもなりますよね。

 

それが、重要であり、プロに頼るメリットです。

 

つまり、お金や時間がかかるようでも
プロに頼むことは、結果的に、最短最善の道を選ぶということ。

 

本当に体質改善したいと思う方は
一度、ご相談くださいね。

おくすり屋さんの花粉症改善プログラム

出産祝い、産後うつ対策にいかが?

 

下の子が生まれて、早5年。

赤ちゃんを見ると、時が経つ早さに驚きます。
産後すぐはイメージできなかったけれど
ほんと、あっという間ですね。

 

最近、ちょこちょこ妊婦さんにお会いしたり
家族や知人が妊娠中で~という方に出会います。

ニュースの影響があったりで
【産後うつ】という言葉も、広まりつつありますね。


わたしも、多少はありました。


実母でも、子どもを触られたくなかったなあ。

それでいて、夜中に寝ずに泣き叫ぶ子どもに半泣きに。。。


翌朝、両親は全く気付いていなかったことが発覚し

拍子抜けした記憶はあります 笑

自宅に戻ってからは
生後3か月頃に、母乳が足りてないと指摘され
でもミルクも嫌がるしで気が重くなり。。

その後の健診では、全く問題ないと言われ
指摘した保健師さんに怒りを覚えました。
(大問題みたいな言い方をされたと受け取ったものでね)

そういうのも、ホルモンの影響もあったと思います。


普段なら、そこまで重く受け止めなくても

わからないことだらけですしね。

ほんの、ちょっとしたことがきっかけになるので
誰にでも、起こりうること。

 

こちらは、助産師さんのブログですが
女性ホルモンの分泌量のグラフも載っていたので
シェアさせてもらいました。

 

産後、誰しもが
一旦は女性ホルモンが低下します。


でも、それが再び

しっかり分泌されるようになるまでの期間は
人それぞれです。

産後2か月で生理が戻る人がいたり
産後1年以上生理が戻らない人がいるのも
その影響もあります。

サポート体制がなくて
気を張りすぎて疲れてしまうお母さんも多いです。

経験者が経験談を語っても
どう対処していいかわからないもの。

だからこそ、
漢方ハーブティとレメディのプレゼントはいかがでしょうか?

 

 

出産や授乳で血が足りてなかったり
氣を張りすぎて、氣が足りなくなってたり
ほっと一息つくための漢方ハーブティや

女性ホルモンのバランスが崩れているときに
使えるレメディや
イライラしてしまっているときに
使えるレメディがあります。

 

 

薬が使えない時期だからこそ
こういったものを使ってもらえたらと思います。

 

単品購入はこちら

セット購入のご相談はこちらからお願いします。