小麦を減らせば、花粉症は改善する?

ときどき、小麦製品の食べる量を減らすと
花粉症が改善したという話を聞きますし
そういう事例もありますよと紹介します。

こういうとき、

「根拠は!?エビデンスは!?」みたいな話になります。

すみません、私、あまり見ません。
それでも、一応、薬剤師です。

あまりにも突拍子もないことだと
根拠は?と言いたくなることもあり
自分でも矛盾してるよなあと思ったりもしますが。。

もうすぐ立春!春になると気になる症状はありませんか?

 

ふと思い出したのですが

酵素系の薬って、酵素が入っていますよね?
原材料は、動物の臓器なんですよ。。。

薬の説明書を読んでいたら
それに気づいて、 

「うぇぇぇぇ」となった、新人薬剤師の私。
若かったなあ

 

陰陽五行

 

春はどうして解毒の季節と呼ばれるの?

『春は解毒の季節』と言われるのは 

春は肝の季節であり 
肝が解毒を担うからですよね。

世間の解毒のイメージと
肝の解毒は少し違う気はしますが。。

冬にエネルギーをため込み 
春に一斉に芽吹いていくかのように
要らないものを外に出そうとしますよね。  

 

毒素
よくコップで表しますよね

 

わかりやすいところで

●花粉症

●じんましん

 

要らないものを

 

涙として

鼻水として

湿疹として

からだの外に出そうとします。

 
 

科学的ではなくても、傾向はあるよね

目に見えないお話も含まれますが
例えば、よく聞く話が
 
『小麦をあまり食べないようにすると、花粉症が軽くなった。』

 

この場合、

小麦が肝(または腸?)に負担をかけていて
それを止めたことで、肝の負担が軽くなり、きちんとはたらいている。
その結果、花粉症の症状も軽くなったのだろう。

しかし、西洋医学の考えでいけば

花粉症の原因は花粉であり

小麦や肝は関係ないとなるかもしれない。

 

とはいえ、肝臓に使う薬を
じんましんや薬疹などの湿疹が出たときにも使うので
アレルギーと肝臓の関係は無関係とも言えないのである。

エビデンス(根拠)がないからどうのこうのというけれど
これは、医学も同じですからね。。。

色々知ると、エビデンスエビデンス言うのもなあ
でもデータの積み重ねも大事だけど。。。

と、悶々とするはめになります 笑

 

肝がお疲れではないですか?

イライラしたり

ビール欲しくなったり

じんましん出たり

甘いものほしくなったり

夜中に目が覚めたり

 

そんなこと、起こっていませんか?

あ、私かな?

 

解説は五行セミナーで全体的にみていきますよ。

 

 

講座&イベントメニュー一覧
●おくすり健康相談のご予約はこちらから
●継続健康相談のご予約はこちらから
●健康美コースの申込みはこちらから

【販売中】
Materia Medica(42種レメディ辞典) 詳細はこちらから
予防接種講座(動画) 購入はこちらから

リクエスト開催・招致のお問合せはこちらから
問い合わせフォーム(外部サイト 24時間受付中)
●050-3697-0401(平日10:00~17:00)
移動や講座セッション中等で電話に出られないことがございます。
その場合は折り返しご連絡致しますので、留守電にメッセージをお願いします。

 

肌荒れにずっと塗り薬を使い続けないといけないの?~おうちケア講座⑤~

 

肌ケアというと、
乳児湿疹やアトピーのイメージが強いですが
湿疹が出るようなものはたくさんありますよね。

乳児湿疹
アトピー性皮膚炎
脂漏性湿疹
あせも
ニキビ
水虫
麻疹
風疹
水ぼうそう
ヘルペス
乾癬
突発性発疹
蕁麻疹
とびひ
手足口病
かぶれ
etc.

ケアが必要なものも必要でないものもあります。

細菌感染なら、抗生剤の選択肢も必要でしょう。
ステロイドやプロトピックの選択も。

薬が良い悪いだけで選択していると
脅すつもりはありませんが、後で後悔することだってあります。

薬だけ、自然療法だけ

ではなく、両方を上手く活用していただけるようにお伝えしていきますね。

 

ステロイドを塗ってもいいの?

年中使える4つの急な症状に~発熱・鼻水・咳・痰~おうちケア講座①

発熱・鼻水・咳・痰といえば、【風邪】のイメージですが
皆さんは、風邪という病名はないのはご存知ですか?

日本呼吸器学会によると、
鼻からのどの急性の炎症による症状を呈するもの
総称してかぜ症候群といいます。

自覚症状としては
鼻症状(鼻水、鼻づまり)、咽頭症状(咽頭痛)が主体で
発熱、頭痛、全身倦怠感などがあります。
下気道まで炎症が及ぶと下気道症状(せき、たん)が出現します。

病院では、医療保険を使う都合上、
『感冒』という名前をカルテに記載します。

感冒と診断されると、たいてい薬が処方されます。
でも、いわゆる風邪薬では風邪は治らないというのはご存知ですか?

CMを観ていても、小さく【風邪症状の緩和】と表示されていますよ。

風邪

つきおかしのぶの健康美お茶会

毎日を楽しく元氣にすごしたい!!

不調が出やすいお年頃だし。。。
忙しいし。。。
子どもが小さくて。。。

なんて、言っちゃってませんか?

私も、最近、
減らないお肉のおかげで、年齢を実感しております。。。

でも、

まだまだ仕事も遊びも思い切り楽しみたい!
風邪だの腰痛だので休んでる暇はない!
何かええ方法ないの!?

そんな方のために
私からワンポイントアドバイスをご提案します。

 

こんな方におすすめ

✔ つきおかしのぶに会ってみたい方
✔ テレビの健康番組を必ずチェックしてる方
✔ 最近、お肌やおなかのたるみが気になる方
✔ 病院へ行くほどではないけど、からだがだるい気がする方
✔ 飲んでいる薬のことが気になる方
✔ 自然療法に興味がある方
✔ 健康でいたいけど、何から始めたらいいかわからない方
✔ 基本的に、何でも自分でがんばっちゃう方
 
体質改善

健康も起業も、行動しないと変わらない

薬に頼らないことで
人は大きく変わっていく
  
  
気持ちも行動も
  
  
何故なら、
自分のやることに責任を持つようになるから。
  
  
自信をもつようにもなるのかもしれない。
でも、過信しすぎないようにしないといけない。
  
  
  
薬だと、なかなかそうは思わない。
「薬さえ飲めば大丈夫」だから
自分以外に任せているから、何も変わらない。
起業関連の話で、よく出てくるでしょう?
「誰かや何かのせいにしていては、何も変わらない」
結局、それと同じだと思いませんか?
もちろん、どうしようもないことだってある。
最後は諦めざるをえないのかもしれない。
でも、自分から行動しなくては、何も始まらない。
何も変わらないと嘆いているあなた、いつもと違う行動をしてみませんか?