花粉シーズン前に出来る治療法【減感作療法】

病院 薬

 

昨日はレーザー治療についてご紹介しました。
今日は、減感作療法について。

 

減感作療法とは?

アレルギーの原因物質(アレルゲン)を
少しずつ体内に取り入れることで
身体にアレルゲンを慣れさせ、アレルギー症状を出しにくくする方法。
アレルゲン免疫療法とも呼ばれています。

食物アレルギーでも、似たことをしますよね。

 

現在は、舌下にのせるタイプ皮下注射があります。

 

メリット

・舌下投与なら痛みは無し

・舌下投与は自宅で行える(初回は病院で)

・1年目の花粉シーズンから、症状が和らぐことが期待される

・アレルギー症状を長期間和らげることができる

・症状が和らぐことで、花粉シーズン中の薬を減らすことができる

・100年以上前から行われている

 

スギ花粉を使って、スギ花粉症を改善する。
つまりは同種療法ですよね。

100年以上前からって、
まさにホメオパシーじゃないかと思うのは私だけでしょうか。

 

デメリット

・3~5年続けることが必要

・メカニズムは解明されていない

・治るとは限らない

・治療終了後、また症状が悪化していく可能性もある

・アレルゲンを取り入れるので、重篤なアレルギー症状が出る恐れもある

・花粉シーズンには出来ない

・スギ花粉とダニ用しか薬がない

・舌下投与は服用方法をきちんと守る必要がある

 

皮下注射:月1受診時に

舌下投与:自宅で毎日服用

 

特に舌下投与は、
薬ごとに舌下にのせておく時間が決まっています。
それを守らないと、期待できる効果が得られないので
患者の理解度が重要になります。

 

国内の治験では、5歳から実施し
成人と変わらない効果があったとされています。
海外では、5歳未満でも有効性があり
安全性にも差はないとされています。

 

でも、前述の理由により
方法を理解できる年齢(7歳頃)から
推奨する病院もありますので
お近くの病院にご相談ください。

 

舌下投与について相談出来る病院は
こちらのサイトから検索できます。

 

花粉シーズン前に出来る治療法【レーザー治療】

病院 薬

 

むかーーし、レーザー治療した人がいたな
そんなことを思い出しながら書いてます。

 

レーザー治療とは?

鼻の粘膜にレーザーを当てるものなので
目の症状が強い人には無効。

レーザーを照射し、鼻の粘膜を焼くことで
アレルギー反応が起こりにくくするもの。

 

個人差や病院によって変わりますが
一般的に言われているメリット/デメリットをまとめました。

 

花粉症の治療法の選択肢とは?

花粉症薬を飲む

 

治療をするということは、治ると考えますが
花粉症が病院で治療して治ったという話はほぼ聞きません。

 

では、治療とはどういう意味なのでしょう?

 

治療とは?

手当をして、病気。けがをなおすこと。
(三省堂国語辞典第四版より)

 

病気やけがをなおすこと。病気や症状を治癒または軽快させるための医療行為。
(デジタル大辞泉より)

 

花粉症で薬を飲んでも
一時的に症状が”おさまる”だけなので
それを軽快したと呼ぶのか?

そこがポイントになります。

今年花粉症がひどかった人は、来年に向けて今から対策を

 

今年は花粉の飛散量が多く
花粉症デビューした人や
落ち着いてたはずが、ぶり返した人も

かといって、

無事に過ごした人もいますよね。

 

花粉症じゃない人を探す方が大変な気もしますが。

 

スギ 花粉

 

たいていは、花粉が飛び始めてから
対処しようとするので
薬がバンバン売れます。

2~3月のテレビCMや薬局ポスターは
花粉症の薬やマスクだらけじゃないですか?
(もちろん風邪薬もあるけど)

 

そして、薬以外を求める人たちに対しては

 

・症状が出てから●●を食べても効果はない
(他の民間療法についても同じ)

 

と書かれていることがほとんどです。

 

確かに、
抗アレルギー作用があるわけではないので
直接的に症状が治まることはないでしょう。

 

しかし、もっと早くから
可能であれば年中意識して
そういうものを食べたり
ツールを使うことで

 

体調を整えていくことができれば

 

結果的に、
花粉症改善にもつながっていくでしょう。

 

なぜ、早い時期からなのか?

細胞は、日々、破壊と分裂を繰り返し
生まれ変わっていることは知られています。

わかりやすいところでいえば
肌のターンオーバーですよね。

約半年で、
身体の細胞がほぼすべて入れ替わるなんて話もあります。

今のからだは、半年前に食べたもので作られている

そんな話を聞いたことありませんか?

 

食事改善

 

もちろん、
もっと時間をかけて入れ替わる細胞もあるでしょうし
年齢にもよるので、絶対ではありません。

 

でも、少なくとも半年くらいはかかると考えれば

来年の花粉症対策を考えると
今から対策を講じることは必須と言えませんか?

 

何でもそうですが、
地道にコツコツ続けるのは
なかなか大変ですし、続きにくいです。

でも、逆を考えると

気づかぬうちに、少しずつ悪化していって
花粉症デビューをして、初めて気づいたわけです。

 

そのくらい、少しずつ。

 

東洋医学等の考えでも
不調が出るまでにかかった時間だけ
回復するにも時間がかかる

と言われています。

 

だからこそ、

薬を飲んでいても、治らないなあ
なんだか、他の花粉にも反応し始めた
春だけだったのが、秋にも症状が出てきた

 

そんなことに気づいた方には
早めの対策を講じてもらえたらと思います。

 

今は面倒だと思うかもしれませんが
花粉症が一生涯続くと考えたら
それよりはマシだと思いませんか?

 

折角の機会なので
将来のことを考えてみてはいかがでしょうか?

アレルギー症状の寛解状態とは?

解放

 

寛解とは?

国立国語研究所によると

症状が落ち着いて、安定した状態

症状が一時的に軽くなったり、消えたりした状態。
このまま治る可能性もあるし、場合によっては再発することもある。

あくまでもキープするだけなので
ふとしたきっかけで、再度、症状が出ることもあります。

花粉症なら、花粉に過度に反応しなくなった状態ですね。
アレルギー症状自体が軽いか出ない状態。

 

治ったように思いがちだけれど

花粉の飛散量が増えたり
何らかの影響によって
また花粉症の症状が出たりするのが寛解になります。

 

ハッピー

 

他の病名で寛解と言われるものには
アトピー性皮膚炎・喘息・ネフローゼ症候群・白血病
などがあります。

 

治ったのではなく、症状が出ていない状態をキープ。

 

花粉症の完治・根治で検索する方もいらっしゃいますが
実際は、なかなか厳しいところ。

 

どうやってキープしていくかが問題ですよね。
人によって合う対策は違うし
エビデンスは?と聞かれれば、ないものが大半です。

それでも、ある程度の傾向はあるので
そういうのを活用するのも手だと思います。

 

注意したいのは、
花粉シーズンに始めても意味がないということ。
花粉が飛び始める前から始めることで
万全の体制を整えていくことが大切になるのです。

 

それでも症状が出る場合は、薬を飲めばいい。

少しずつ準備を始めることで
薬を飲む回数を減らすことが出来たらいいなと
薬剤師だからこそ、願うのです。

花粉症は治るものなのか?

花粉

 

国民の4人に1人が花粉症と言われる現在。
アンケート対象者によっては、2人に1人。

だからこそ、気になるのが

【花粉症は治るのか?】

 

花粉症

 

早ければ、1歳で花粉症と診断されたと
SNSで見かけたりするわけなので
そうなると、一生の問題になってきます。

 

植樹の影響で
どんどんスギも増えているし
スギ花粉が減ることは考えにくい。

他の植物も同じでしょう。

 

治療法に関しても

・数年症状が緩和するだろう
・8割の人に効果がある
・アレルギーに抵抗力をつける
・予防効果は高いが、個人差がある
・一生涯効果が持続するわけではない

など、
絶対治ります!なんてことを書く病院HPはありません。

 

そういうのを書くのは、
民間療法や食養関係でしょう。。

でも、やはり個人差があると思うので
絶対なんてことはないのです。

 

個人的には、
花粉症はアレルギーの1種なので
症状が出なくなるのは寛解状態なのだと考えます。

アトピー性皮膚炎は、そう言いますよね。

 

症状が出ない状態をキープする。

 

そんな状態になれたらいいと思いませんか?

 

スギ花粉が飛ぶのはいつから?

スギ 花粉

 

スギ花粉が飛び始めるのは1月後半くらいから
昨日はそう書いたのですが

色々見ていると、どうも。。。そうでもないかもしれません。

 

アレグラHPより

花粉カレンダー

 

こちらの図は、2013年のガイドラインによる
関東地域の花粉飛散時期です。

地域によって異なりますが
スギ・イネ科はほぼ年中?

 

薄いラインは、量が少ないという意味ですが
それでも、ほぼ年中飛んでいることに変わりないですよね。

 

イネ科は、種類があるのでまだわかりますが。

だから、もしかすると
敏感に反応する人は、
秋でもスギに反応している可能性もあるかもしれません。

 

可能性があるというだけなので
検査されるのが一番だとは思いますが。

 

どのみち、使う薬は同じですけどね。

 

年中飛ぶ花粉

害があるわけではないはずなのに
悪者扱いされて、少し気の毒にもなります。。

 

過剰に反応しすぎている身体を
落ち着かせてあげることも大切ではないかなと思う今日この頃

 

過剰に反応する理由を考えてみたことはりますか?
過剰に反応しない身体をあきらめていませんか?

花粉症になっても
症状が軽くなったり、出なくなった人はいます。
あきらめず、努力した結果です。

あきらめてはいないけど、方法がわからない方は
良かったら、こちらもご活用ください。

薬剤師による薬に頼らない花粉症改善プログラム

花粉が飛ぶ時期は春?秋?いつから?

スギ 花粉

 

花粉と言えば、春!!なイメージですが
実際は、スギは2月くらいから本格的に飛び始めます。
(地域によりますが、1月くらいから少しずつ)

 

ざっくりですが、表にしてみました。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
スギ     ブタクサ      
    ヒノキ     ヨモギ  
  イネ科        
      ホソムギ        

鼻アレルギー診療ガイドライン参照

 

ざっくりという理由は
やはり、地域によって多少時期がずれます。

地域特有の花粉症があったり。

 

北海道であれば、シラカバの花粉症とか。

本州に引っ越せば、
花粉症の症状が出なくなる可能性はありますよね。

 

ピークの期間はもう少し短いですが
こうやって見ると、イネ科は長いですね。
日本の主食は米なので、避けられませんが。。

 

花粉 イネ

 

調べていくと、色々面白いものが見つかったので
ぼちぼち紹介していきますね。

 

 

リアルタイムの花粉飛散情報は
日本気象協会のHPにて確認できます。

お出かけの際は、こちらを参照し
花粉を必要以上に取り込まない工夫もしてみてくださいね。

 

そういうわずらわしさから解放されたい方は
薬剤師による薬に頼らない花粉症改善プログラム
ご活用ください。

花粉症とその症状はどんなものがある?

花粉

 

現在、日本人の4人に1人が花粉症と言われています。

 

我が家には今のところ花粉症はいませんが
3月頃になると
ちょこちょこ症状が出るので
可能性はゼロではないかもしれません。

 

一般的に「花粉症になった」と言う人は
どんな症状が出ているのでしょうか?

 

花粉症の症状について

そもそも、花粉症とは
季節性アレルギー性鼻炎のことを言います。

季節性がポイントで
花粉が飛ぶ時期のみ起こるアレルギー性鼻炎です。

身体が花粉を異物だと判断し
花粉を追い出そうとして起こります。

 

 

鼻の症状

鼻炎というくらいなので、鼻の症状がメインです。

●くしゃみ

●鼻水

●鼻づまり

 

目の症状

花粉が付着する場所には、すべて症状が出る可能性があります。

●涙

●目のかゆみ

●充血 など

 

花粉症の方がよく言うのは
『目玉を取り出して、洗いたい』

かゆみって、それだけ苦痛を伴いますよね。

 

その他の症状

●のどのかゆみ、イガイガ

●肌のかゆみ

●下痢

●頭痛

●熱っぽい など

 

あまり花粉症っぽくないものもありますね。

花粉症というと、目と鼻のイメージですが
いつも春だけ症状が出るという人は
もしかすると、花粉が原因かもしれませんよ。

 

まあ、何でも花粉のせいにする必要はないですけどね。

 

人によって、
どの花粉に反応するかは異なりますが
スギ花粉が多く飛散するので
スギに対する花粉症の人が必然的に多くなります。

 

でも、花粉であればどれでも可能性はあるはず。
現段階で、約5-60種類の花粉が原因とされています。

 

飛散量の問題かもしれないし
最近、よく聞くのは
花粉に大気汚染物質がくっついてるせいじゃないか?とか

スギに対してだけだったのに
ヒノキやマツも。。。

 

あれ?

 

イネやブタクサにも反応し始めた。。。
なんて声も増えてきました。

本来、花粉は異物ではあるけれど
害があるものではないはずです。

大気汚染物質だって
毎日呼吸するだけで、入り込んできているはず。

なのに、年々、花粉症の人が増えている理由。

 

そこを考える必要があるのではないでしょうか?

 

そろそろ本気で花粉症と向き合いたい人のためのプログラム

薬剤師による薬に頼らない花粉症改善プログラム

スギに反応する方は、7月スタートです。

花粉対策は、いつから始めるのがいい?

花粉症

 

GWも明けて
スギもヒノキも、かなり落ち着きましたね。

花粉予報を見ても、飛散量は少ないです。

 

やっと不快な症状から解放される
と、ほっとされている方も多いのでは?

来年まで、解放される?

 

花粉

それで、いいの?

 

東洋医学には【冬病夏治】という言葉がある

東洋医学には、【冬病夏治】という言葉があるそうです。


読んで字のごとく、
冬の病は夏に治すものということ。

 

通常、冬の準備は
ワンシーズン前から始めるといいです。

つまり、秋からですね。

 

でも、明らかに症状がある方は
改善には時間がかかるわけなので
半年前から取り組む必要があるのです。

 

今の身体は、半年前に食べた食事から出来ている

 

聞いたことありませんか?

ほぼ身体の細胞が入れ替わる目安が半年と言われているので
やはり、そのくらいはかかるのです。

 

他にも、症状が出ている時間だけ
治るまでにも時間はかかる

とか

 

だから、早めに手を打ちたいんです。

 

問題としては、

ネットで検索する人の多くは
今ある症状を何とかしたいので
この記事を見つけるのは、
きっと来年の花粉シーズン。。。

 

で、毎年、
もっと早く取り組めばよかったと後悔する。

 

風邪でも同じようなことを言う人が多いですけどね。

いい加減、このループを断ち切りませんか?

 

薬剤師による薬に頼らない花粉症改善プログラム