薬局に行くとき、おくすり手帳は必要なもの?

 

以前、FBで募集した『くすりに対する素朴な疑問』

 

薬

 

今回は、【おくすり手帳】について
おくすり手帳って、ついつい忘れがちで。。。
子どもだと、滅多に薬飲まないから、いらないんじゃない?
って、思いませんか?

 

『なのに』から『だからこそ』へ

 

ふと、今朝感じたこと。

 

薬剤師なのに…?

起業した頃は

『薬剤師は出さないでおこうかな』

と、思っていて
朝型美人塾の堀内瑠美さんに
即、却下されました 笑

単に、自信がなかっただけなのか
周りの目が気になってたからなのか

肌荒れにずっと塗り薬を使い続けないといけないの?~おうちケア講座⑤~

 

肌ケアというと、
乳児湿疹やアトピーのイメージが強いですが
湿疹が出るようなものはたくさんありますよね。

乳児湿疹
アトピー性皮膚炎
脂漏性湿疹
あせも
ニキビ
水虫
麻疹
風疹
水ぼうそう
ヘルペス
乾癬
突発性発疹
蕁麻疹
とびひ
手足口病
かぶれ
etc.

ケアが必要なものも必要でないものもあります。

細菌感染なら、抗生剤の選択肢も必要でしょう。
ステロイドやプロトピックの選択も。

薬が良い悪いだけで選択していると
脅すつもりはありませんが、後で後悔することだってあります。

薬だけ、自然療法だけ

ではなく、両方を上手く活用していただけるようにお伝えしていきますね。

 

ステロイドを塗ってもいいの?

妊娠〜授乳期のトラブルに我慢以外のおてあて法〜おうちケア講座③〜

妊娠~授乳期
それは、最も薬を使いたくなくて
使える薬もほとんどない時期

何か症状があっても、我慢するしかない

そんな声をよく聞きます。
授乳期間によりますが、2年前後は薬が使えない。
でも、まったくトラブルがない人はほとんどいません。


年中使える4つの急な症状に~発熱・鼻水・咳・痰~おうちケア講座①

発熱・鼻水・咳・痰といえば、【風邪】のイメージですが
皆さんは、風邪という病名はないのはご存知ですか?

日本呼吸器学会によると、
鼻からのどの急性の炎症による症状を呈するもの
総称してかぜ症候群といいます。

自覚症状としては
鼻症状(鼻水、鼻づまり)、咽頭症状(咽頭痛)が主体で
発熱、頭痛、全身倦怠感などがあります。
下気道まで炎症が及ぶと下気道症状(せき、たん)が出現します。

病院では、医療保険を使う都合上、
『感冒』という名前をカルテに記載します。

感冒と診断されると、たいてい薬が処方されます。
でも、いわゆる風邪薬では風邪は治らないというのはご存知ですか?

CMを観ていても、小さく【風邪症状の緩和】と表示されていますよ。

風邪

元氣な子育てに薬以外のおてあて法〜ホメオパシーおうちケア講座④〜

子どもに薬を飲ませてもいいもの?

私たちは、普段、薬に頼りがちです。
不快な症状を抑えてくれるので、本当に便利ですよね。

でも、子どもが生まれると
子どもに薬を飲ませてもいいか迷うお母さんは少なくありません。

私もそうでしたが
自分は今まで薬を平気で使っていたのに
わが子には、薬を使いたくない。

母親って、不思議ですね。

子どもに薬を使わないと決めたとして
実際に、子どもの体調不良の時、あなたはどうしますか?

 

つきおかしのぶの健康美お茶会

毎日を楽しく元氣にすごしたい!!

不調が出やすいお年頃だし。。。
忙しいし。。。
子どもが小さくて。。。

なんて、言っちゃってませんか?

私も、最近、
減らないお肉のおかげで、年齢を実感しております。。。

でも、

まだまだ仕事も遊びも思い切り楽しみたい!
風邪だの腰痛だので休んでる暇はない!
何かええ方法ないの!?

そんな方のために
私からワンポイントアドバイスをご提案します。

 

こんな方におすすめ

✔ つきおかしのぶに会ってみたい方
✔ テレビの健康番組を必ずチェックしてる方
✔ 最近、お肌やおなかのたるみが気になる方
✔ 病院へ行くほどではないけど、からだがだるい気がする方
✔ 飲んでいる薬のことが気になる方
✔ 自然療法に興味がある方
✔ 健康でいたいけど、何から始めたらいいかわからない方
✔ 基本的に、何でも自分でがんばっちゃう方
 
体質改善

おくすり健康相談

何から始めていいかわからないというあなたへ

病院に行く回数を減らしたい
飲んでいる薬の量を減らしていきたい

そう考える方が増えてきました。
でも、薬をいきなり自己判断で止めることは危険です。

かといって、担当医が協力してくれるかはわかりません。
止める以前に、止めてもいい土台作りも必要になってきます。

そんなこと言われても、まず何から始めたらいいのかわからない
でもホメオパシーなんて、敷居が高すぎる

そんなことを感じていませんか?