おくすり健康相談

何から始めていいかわからないというあなたへ

病院に行く回数を減らしたい
飲んでいる薬の量を減らしていきたい

そう考える方が増えてきました。
でも、薬をいきなり自己判断で止めることは危険です。

かといって、担当医が協力してくれるかはわかりません。
止める以前に、止めてもいい土台作りも必要になってきます。

そんなこと言われても、まず何から始めたらいいのかわからない
でもホメオパシーなんて、敷居が高すぎる

そんなことを感じていませんか?

 

 

35歳からの女性ホルモンや心に左右されない健康美作り3か月コース

 

35歳を過ぎると、女性は色々気になりだしますが
皆さんはいかがですか?

もっと美しくなりたい?
もっと健康になりたい?
心に左右されたくない?

健康で美しくありたい
私の考える健康美はこうです。

 

エネルギーが満ち溢れていて、一緒にいるだけで、周りの人も元気になれそう
落ち込んだりしても、切り替えまでの時間が短い
体調不良に自分でカンタンに対処できるくらい、体のベースが整っている
周りの健康や美容情報に左右されない


つまり、、

飲める薬が少ない妊婦や妊活中の方にもおすすめの対策とは?

 

年末年始、体調不良で寝込んでいた人も多かったですね。
ご家族が寝込んでいた妊婦さんは、
自分にうつらないかドキドキされたことでしょう。

妊娠を意識した時に考えなければいけないこと。

 

 

授乳中もそうですが、
『使用可能な薬が少ない』

【ZOOMで隔週開催】ホメオパシーが気になる超初心者向けお話会

 

風邪シーズンということもあり
ネットやママ友情報で、ちらほら《ホメオパシー》という言葉を聞くので
ホメオパシーが気にはなっているということをちらほら耳にします。

ただ、

・迷っているけど、一歩が踏み出せない。。。
・気にはなるけど、近くで学べるところがあるのかわからない
・薬があるから、急ぐ必要はないとか

気にはなるけど、ググるほどではないっていうのもありますよね。

体調不良のとき、皆が当たり前のように使っているのが薬
当たり前すぎて、副作用の存在を考えたことはありますか?

なぜなら、毎日バンバン薬のCMが流れていて
良いことしか言わないし、
つらい症状から解放されてHAPPYな芸能人の映像しか流れないから。

仕方がないの。

 

薬

つらくて動けないくらいなら、薬を飲んでもいいと思う。

でも、普段から薬に頼りすぎていると
からだが自分で調整できなくなったり
いざというときに、薬が効きにくくなったりすることもある。

そんなことは、誰も教えてくれない。


じゃあ、薬以外にどうしたらいいの。。?

え?ホメオパシー?

うさんくさい。。。でも、気になる。

 

 

そんな、ホメオパシーがちょっぴり気になるけど
手を出す勇気はない。。。という方のためのお話会を開催します。

薬やからだのことを発信していると、どうしても堅い印象になりがち。
新しいことを始めるって、勇気が必要ですからね。。
怖そうな人とか、厳しそうな人のところにはいきたくないというのが人の心理というもの。

だから、まずはZOOMを通して、お話しませんか?

 

つきおかしのぶ

 

何を選択するにしても、メリットデメリットがあるけれど
あまり、薬のデメリットを考えていないのは
テレビっ子への刷り込み効果かな?と思う今日この頃。

薬を飲んでもいいけれど
頼りすぎはよくないよーって話。

一歩が踏み出せない方向けに
疑問や不安を解消してもらえるようお話しますね。

申し込みはこちらから

 

 

【注意事項】

※お話会に参加したからといって
必ず講座に申し込まないといけないわけではありません。

あくまでも、講座参加やホメオパシーを取り入れる前の
疑問や不安を払拭してもらうための会なので
ホメオパシーの使い方を教えることはしません。

【開催日】

第1・第3月曜日 21:30~ (30分程度)

・都合により、開催しない日もありますが、基本的には隔週で開催予定です。
・超初心者向けなので、独学を含めホメオパシーを取り入れている方はご遠慮ください。

 

【場所】

自宅PCやスマホ
・事前にZOOMアプリをインストールまたはダウンロードしていただきます。
 方法は申込み時の返信メールに記載しますので、ご確認ください。

【料金】

無料

【申込み方法】

申し込みはこちらから

ご希望の日時を選択し、必要事項をご記入ください。

 

仕事の都合等で、別日程をご希望の方は、下記フォームよりご相談ください。

問い合わせフォーム

 

飲んでいる薬の量を減らしたいあなたへ

 

薬を飲むか迷っているあなたへ
薬を止めるか迷っているあなたへ

何か不安だったり、気がかりなことがあって
私のブログやFBにたどり着いたと思います。

すでに、色んなサイトやブログを見てきたのかもしれません。

 

不安を解消したい気持ちはわかります。
背中を押して欲しい気持ちはわかります。

人によっては、背中を押して欲しいというより
自分では決められないから、誰かに決めてもらいたい
そう思っているとしか思えない人もいます。

似ているようで、違います。

最後に決めるのは、あなた自身です。

人によっては、
自分で調べようともせず
自分で考えようともせず
病院へ行こうともせず
安易にメールで質問される方もいます。

そんな方には、お答えするつもりはありません。
無料相談は行っておりませんし、気軽に回答すべきことではないので。


冷たいようですが、
友人あるいはクライアントや受講生ならともかく
お会いしたことのない方に対して、責任を負いかねます。

自己治癒力に任せるのであれば本人の気持ちや環境も重要ですし、
薬以外の選択肢を持ち合わせているのかもわからない状況では、回答し難いのです。

また、質問に対して回答するということは、私の時間も奪われているのです。
気軽に回答出来ないということは、それだけ考える時間が奪われているのです。

本当に、薬を止めたいですか?
本当に、症状から解放されたいですか?

自分の気持ちを確認した上で、
相談会へ申し込むなり、病院へ減薬をお願いしたりしてみてくださいね。

あなたの担当医は話を聞いてくれますか?

 

よく、かかりつけ医やかかりつけ薬剤師を作りましょう
薬剤師でも、そんな風に言われるようになりました。


実際、あなたのかかりつけはありますか?


薬以外の対策の選択肢を出してくれたり
副作用等の問題が起こった時、
担当医に相談することはできますか?


薬を使わなければならない時、
あなたの不安等と向き合ってくれる医師に
出会えたらと思うのです。

 


医師も薬剤師も