赤ちゃんから使える救急箱~ホメオパシー初心者講座~

ホメオパシーって、どんなイメージ?

最近、ホメオパシーとかレメディとか聞くけど、どんなものだろう?
独学でセルフキットを使っているんだけど、いまいちわからないなあ。。

そう思っている人って、実は多いんです。

うさんくさいイメージもあるから、周りにも聞きづらい。。とか。

私もそう思っていたはずなのに、今や教える側になっています。

薬剤師なのに薬よりホメオパシーを使う理由

✔ どんなものか、一度、現物を見てみたい
✔ 砂糖玉を舐めるだけって本当なの?
✔ どうやってレメディーを選ぶの?
✔ こんな使い方でいいのかな?
✔ なかなか変化が見られないのはなぜ?
✔ 薬を飲んでいるけど、どうしたらいい?

というような内容について、初心者向けに開催しております。

『うさんくさいけど、気になる』と、参加される方もいらっしゃいますし
何かを売りつけることはしませんので、ご安心ください。

 

【無料】ホメオパシー超初心者向けお話会はこちら

 

肌荒れにずっと塗り薬を使い続けないといけないの?~おうちケア講座⑤~

 

肌ケアというと、
乳児湿疹やアトピーのイメージが強いですが
湿疹が出るようなものはたくさんありますよね。

乳児湿疹
アトピー性皮膚炎
脂漏性湿疹
あせも
ニキビ
水虫
麻疹
風疹
水ぼうそう
ヘルペス
乾癬
突発性発疹
蕁麻疹
とびひ
手足口病
かぶれ
etc.

ケアが必要なものも必要でないものもあります。

細菌感染なら、抗生剤の選択肢も必要でしょう。
ステロイドやプロトピックの選択も。

薬が良い悪いだけで選択していると
脅すつもりはありませんが、後で後悔することだってあります。

薬だけ、自然療法だけ

ではなく、両方を上手く活用していただけるようにお伝えしていきますね。

 

ステロイドを塗ってもいいの?

妊娠〜授乳期のトラブルに我慢以外のおてあて法〜おうちケア講座③〜

妊娠~授乳期
それは、最も薬を使いたくなくて
使える薬もほとんどない時期

何か症状があっても、我慢するしかない

そんな声をよく聞きます。
授乳期間によりますが、2年前後は薬が使えない。
でも、まったくトラブルがない人はほとんどいません。


年中使える4つの急な症状に~発熱・鼻水・咳・痰~おうちケア講座①

発熱・鼻水・咳・痰といえば、【風邪】のイメージですが
皆さんは、風邪という病名はないのはご存知ですか?

日本呼吸器学会によると、
鼻からのどの急性の炎症による症状を呈するもの
総称してかぜ症候群といいます。

自覚症状としては
鼻症状(鼻水、鼻づまり)、咽頭症状(咽頭痛)が主体で
発熱、頭痛、全身倦怠感などがあります。
下気道まで炎症が及ぶと下気道症状(せき、たん)が出現します。

病院では、医療保険を使う都合上、
『感冒』という名前をカルテに記載します。

感冒と診断されると、たいてい薬が処方されます。
でも、いわゆる風邪薬では風邪は治らないというのはご存知ですか?

CMを観ていても、小さく【風邪症状の緩和】と表示されていますよ。

風邪

元氣な子育てに薬以外のおてあて法〜ホメオパシーおうちケア講座④〜

子どもに薬を飲ませてもいいもの?

私たちは、普段、薬に頼りがちです。
不快な症状を抑えてくれるので、本当に便利ですよね。

でも、子どもが生まれると
子どもに薬を飲ませてもいいか迷うお母さんは少なくありません。

私もそうでしたが
自分は今まで薬を平気で使っていたのに
わが子には、薬を使いたくない。

母親って、不思議ですね。

子どもに薬を使わないと決めたとして
実際に、子どもの体調不良の時、あなたはどうしますか?