花粉症に処方される薬~概要~

薬

 

一言で薬といっても

飲み薬(経口薬)、点滴、塗り薬(外用剤)、目薬(点眼薬)、
点鼻薬、注射、湿布etc.

といった、様々なものがあります。

 

花粉症とくれば、
基本的には、飲み薬が思い浮かぶ人が多いでしょう。

 

飲むと眠くなる

 

という副作用とセットで。

 

薬を飲む

 

眠気をとるか?
不快な症状をとるか?

そんな二択に悩む人もいます。

 

花粉症の薬は、基本的に
抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬
と呼ばれる種類の薬を使います。

 

これらが、眠気の要因になる薬です。

 

他にも、知らぬ間に、新しい薬や
今まで花粉症には使えなかった薬が
花粉症にも使えるようになっていたりしてますね。。

 

それだけ、需要があるということでしょう。

 

病院 薬

 

それでは、病院でよく処方されそうな
おくすりの分類です。

 

飲み薬

・第一世代抗ヒスタミン薬

レスタミン、ポララミン、(セレスタミン)etc.

 

・第二世代抗ヒスタミン薬

ザジテン、アレジオン、アレグラ、アレロック、クラリチンetc.

 

・他の抗アレルギー薬

リザベン、オノン、アイピーディetc.

 

点眼薬

・抗アレルギー薬

・ステロイド薬

 

点鼻薬

・抗アレルギー剤

・ステロイド薬

・血管収縮薬

 

目や鼻以外に症状があるなら
その症状に対応した薬が出ることもあります。

 

例えば、喘息・頭痛・肌のかゆみなど。

 

種類自体はそこまでありませんが
人によっては、いくつも薬が処方されるかもしれませんね。

 

それにしても。。。
薬をもらいにいくわずらわしさが減ったらいいと思いませんか?

肌荒れにずっと塗り薬を使い続けないといけないの?~おうちケア講座⑤~

 

肌ケアというと、
乳児湿疹やアトピーのイメージが強いですが
湿疹が出るようなものはたくさんありますよね。

乳児湿疹
アトピー性皮膚炎
脂漏性湿疹
あせも
ニキビ
水虫
麻疹
風疹
水ぼうそう
ヘルペス
乾癬
突発性発疹
蕁麻疹
とびひ
手足口病
かぶれ
etc.

ケアが必要なものも必要でないものもあります。

細菌感染なら、抗生剤の選択肢も必要でしょう。
ステロイドやプロトピックの選択も。

薬が良い悪いだけで選択していると
脅すつもりはありませんが、後で後悔することだってあります。

薬だけ、自然療法だけ

ではなく、両方を上手く活用していただけるようにお伝えしていきますね。

 

ステロイドを塗ってもいいの?

薬剤師がホメオパシーを取り入れる理由⑤

 

薬剤師がホメオパシーを取り入れる理由①
薬剤師がホメオパシーを取り入れる理由②
薬剤師がホメオパシーを取り入れる理由③
薬剤師がホメオパシーを取り入れる理由④

 

病院薬剤師を辞めた後、新薬の開発の中の治験部門へ
 
 
 
血液検査

薬剤師がホメオパシーを取り入れる理由②

 

薬剤師がホメオパシーを取り入れる理由①

 

私はもともと、あまり病気することがなく
小学生の頃は、年1回くらい胃腸風邪で休む程度でした。

粉薬が苦手で、飲んだふりをしてひたすら寝る。

子どもの頃から、
『薬を飲まなくても風邪は治る』を体感していました。