花粉症に処方される薬~概要~

薬

 

一言で薬といっても

飲み薬(経口薬)、点滴、塗り薬(外用剤)、目薬(点眼薬)、
点鼻薬、注射、湿布etc.

といった、様々なものがあります。

 

花粉症とくれば、
基本的には、飲み薬が思い浮かぶ人が多いでしょう。

 

飲むと眠くなる

 

という副作用とセットで。

 

薬を飲む

 

眠気をとるか?
不快な症状をとるか?

そんな二択に悩む人もいます。

 

花粉症の薬は、基本的に
抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬
と呼ばれる種類の薬を使います。

 

これらが、眠気の要因になる薬です。

 

他にも、知らぬ間に、新しい薬や
今まで花粉症には使えなかった薬が
花粉症にも使えるようになっていたりしてますね。。

 

それだけ、需要があるということでしょう。

 

病院 薬

 

それでは、病院でよく処方されそうな
おくすりの分類です。

 

飲み薬

・第一世代抗ヒスタミン薬

レスタミン、ポララミン、(セレスタミン)etc.

 

・第二世代抗ヒスタミン薬

ザジテン、アレジオン、アレグラ、アレロック、クラリチンetc.

 

・他の抗アレルギー薬

リザベン、オノン、アイピーディetc.

 

点眼薬

・抗アレルギー薬

・ステロイド薬

 

点鼻薬

・抗アレルギー剤

・ステロイド薬

・血管収縮薬

 

目や鼻以外に症状があるなら
その症状に対応した薬が出ることもあります。

 

例えば、喘息・頭痛・肌のかゆみなど。

 

種類自体はそこまでありませんが
人によっては、いくつも薬が処方されるかもしれませんね。

 

それにしても。。。
薬をもらいにいくわずらわしさが減ったらいいと思いませんか?

健康の基準は人それぞれ。あなたの健康の基準は?

ヨガ 健康

 

健康美お茶会

眼心

事前相談(個別相談)

おうちケア講座

エイジングケア部

 

自分の健康に興味をもってもらいたいと
ある意味、上からなのかもしれないけれど
いろんな角度から発信しています。

 

エイジングケア

 

もちろん、何年も悩んでいる症状があるなら
個別相談でがっつり向き合ってほしい。

色々試して変わらなかったなら
私の所へ来ても、おうちケアでは変わらないかもしれないし
変わるとしても、数か月数年かかるかもしれない。

そのくらい、時間が経ちすぎているから。

とはいえ、

個別相談はお金もかかるし
本当に問題が解決するのか半信半疑

 

事前相談で、
「やっぱり今回は止めます」
という人も、少なくはない。

 

私の説明力のなさによって
費用対効果がないと判断されたところもあるだろうし
お金をかけてまで変わらなくていいという気持ちもあるし
本当にお金がないからという人もいるし
他にいい方法が見つかった人もいるだろうし
もう少し、自分で頑張るという人もいるし
とりあえず、症状さえ落ち着いたらそれでいいっていう人もいるし

本音は本人にしかわからない。

でも、結果はどうであれ
「事前相談を受けた」という一歩を踏み出した。

 

この一歩は、大きい。

 

相談するかを1年悩んで、やっと事前相談を受け
さらに1週間悩んだ人もいたけど
その後の変化はすごかった。

180℃、一気に方向転換するのは無理でも
1℃でも2℃でも向きを変えることができたら
違う景色が見えてくる。

その景色を、一緒に見たいんだと思う。

 

あなたは、今の健康状態に満足していますか?

【ストレス/プレッシャー/ショック】その先に出てくる感情や原因はさまざま

ストレス

 

・ストレス

・プレッシャー

・ショック

 

普段、私たちがよく使う言葉たち。

誰しもが大なり小なり抱えていて
自覚あるなしによらず、
こころもからだも影響を受けていたりします。

 

でも、よくこれらの言葉を使うわりに

 

私のストレスと
あなたのストレス

これらは全く別物であることがあります。

 

ストレス 悩み

 

怒りをため込むストレス

悲しみをため込むストレス

不安をため込むストレス

 

同じストレスでも、それで現れる感情は様々。

 

だからこそ、
それぞれ違う対処をする必要があります。

単純に、ストレス解消とは言えないのです。

 

臨床心理士さんとか、すごいですよね。

 

人によって、原因も伴う感情も異なるので
個々に合わせた対処をしてくれる人や方法を見つけてくださいね。

炎症や風邪・花粉症の症状はからだの防衛反応

花粉症

 

私の中では当たり前のことですが
話をすると、「なるほどー!!」と
いまだに言われるお話です。

 

症状はからだの防衛反応である

全てこれで片づけていいのかは微妙ですが
(便秘とか)
よくある風邪や花粉症の症状は
少なくとも、からだが防衛しています。

 

子ども 熱 風邪

 

腫れ ⇒ 血管壁を白血球が通りやすくするため

発赤 ⇒ 血流量を増やし、組織修復を早めるため

発熱 ⇒ 病原菌の増殖を抑えるため、免疫細胞を活性化させるため

くしゃみ、鼻水、咳、嘔吐、下痢
   ⇒ 病原体をからだの外に追い出すため

 

このように、正常なからだの反応なのです。

 

もちろん、わたしたちの感覚的には
つらい不快な症状だと思い込んでいるので
薬を飲んでしまいます。

 

薬を飲む

からだの防衛機能を押さえてしまっているんですね。

 

だから、6月に入ってからも
インフルエンザで学級閉鎖が起こったりしていますが
きちんと熱を出せたりしていること自体は
ある意味、問題ないとは思います。

ただ、発症をゆるしてしまうくらい
呼吸器の防御反応が弱っていることに関しては
考えものだなと感じます。

 

今年は花粉症の症状がひどい人が多かったので
もしかすると、
免疫系のバランスが崩れているせいかもしれませんね。

 

からだの仕組みは複雑なので
こういう風に、切り取らずに全体を考える必要があります。

難しいですけどね。

 

せめて、良い悪いではなく
バランスをとることを意識してもらえたらと思います。

 

薬に頼らない身体つくりを勧める理由とは?

花粉症薬を飲む

 

花粉症の方でも、時々、伺いますが
長期間、薬を飲み続けたせいか
薬が効かなくなってきたり

症状が悪化して、喘息症状が出る人もいます。

小さい子が花粉症と診断されたら、、?

どの薬もそうですが
ずっと使い続けることで
段々、その薬が効かなくなっていくことはあります。

 

薬

 

他の薬に変えたり

強い薬に変えたり

量を増やしたり

 

エンドレスですよね。
だからこそ、薬を開発しつづけなければなりません。

 

それが、薬を使わなくても
症状が出ない身体作りに意識を向けられるように
どうにかならないのかな?と日々考えます。

 

そうすれば、薬が効かなくなる状況を回避できそうじゃないですか?

 

健康な体つくりを意識出来たら
他の病気の予防にも繋がっていく

医療費削減にも貢献できそうですが、いかがですか?

 

健康を維持するために出来ること

 

もっと考えてみませんか?

花粉シーズン前に出来る治療法【減感作療法】

病院 薬


昨日はレーザー治療についてご紹介しました。

今日は、減感作療法について。

減感作療法とは?

アレルギーの原因物質(アレルゲン)を
少しずつ体内に取り入れることで
身体にアレルゲンを慣れさせ、アレルギー症状を出しにくくする方法。
アレルゲン免疫療法とも呼ばれています。

食物アレルギーでも、似たことをしますよね。

現在は、舌下にのせるタイプ皮下注射があります。

メリット

・舌下投与なら痛みは無し
・舌下投与は自宅で行える(初回は病院で)
・1年目の花粉シーズンから、症状が和らぐことが期待される
・アレルギー症状を長期間和らげることができる
・症状が和らぐことで、花粉シーズン中の薬を減らすことができる
・100年以上前から行われている

スギ花粉を使って、スギ花粉症を改善する。
つまりは同種療法ですよね。

デメリット

・3~5年続けることが必要
・メカニズムは解明されていない
・治るとは限らない
・治療終了後、また症状が悪化していく可能性もある
・アレルゲンを取り入れるので、重篤なアレルギー症状が出る恐れもある
・花粉シーズンには出来ない
・特定の花粉とダニ用しか薬がない
・舌下投与は服用方法をきちんと守る必要がある

皮下注射:月1受診時に
舌下投与:自宅で毎日服用

特に舌下投与は、
薬ごとに舌下にのせておく時間が決まっています。
それを守らないと、期待できる効果が得られないので
患者の理解度が重要になります。

国内の治験では、5歳から実施し
成人と変わらない効果があったとされています。

海外では、5歳未満でも有効性があり
安全性にも差はないとされています。

でも、前述の理由により
方法を理解できる年齢(7歳頃)から
推奨する病院もありますので
お近くの病院にご相談ください。

舌下投与について相談出来る病院は
こちらのサイトから検索できます。

花粉シーズン前に出来る治療法【レーザー治療】

病院 薬

 

むかーーし、レーザー治療した人がいたな
そんなことを思い出しながら書いてます。

 

レーザー治療とは?

鼻の粘膜にレーザーを当てるものなので
目の症状が強い人には無効。

レーザーを照射し、鼻の粘膜を焼くことで
アレルギー反応が起こりにくくするもの。

 

個人差や病院によって変わりますが
一般的に言われているメリット/デメリットをまとめました。

 

花粉症の治療法の選択肢とは?

花粉症薬を飲む

 

治療をするということは、治ると考えますが
花粉症が病院で治療して治ったという話はほぼ聞きません。

 

では、治療とはどういう意味なのでしょう?

 

治療とは?

手当をして、病気。けがをなおすこと。
(三省堂国語辞典第四版より)

 

病気やけがをなおすこと。病気や症状を治癒または軽快させるための医療行為。
(デジタル大辞泉より)

 

花粉症で薬を飲んでも
一時的に症状が”おさまる”だけなので
それを軽快したと呼ぶのか?

そこがポイントになります。

今年花粉症がひどかった人は、来年に向けて今から対策を

 

今年は花粉の飛散量が多く
花粉症デビューした人や
落ち着いてたはずが、ぶり返した人も

かといって、

無事に過ごした人もいますよね。

 

花粉症じゃない人を探す方が大変な気もしますが。

 

スギ 花粉

 

たいていは、花粉が飛び始めてから
対処しようとするので
薬がバンバン売れます。

2~3月のテレビCMや薬局ポスターは
花粉症の薬やマスクだらけじゃないですか?
(もちろん風邪薬もあるけど)

 

そして、薬以外を求める人たちに対しては

 

・症状が出てから●●を食べても効果はない
(他の民間療法についても同じ)

 

と書かれていることがほとんどです。

 

確かに、
抗アレルギー作用があるわけではないので
直接的に症状が治まることはないでしょう。

 

しかし、もっと早くから
可能であれば年中意識して
そういうものを食べたり
ツールを使うことで

 

体調を整えていくことができれば

 

結果的に、
花粉症改善にもつながっていくでしょう。

 

なぜ、早い時期からなのか?

細胞は、日々、破壊と分裂を繰り返し
生まれ変わっていることは知られています。

わかりやすいところでいえば
肌のターンオーバーですよね。

約半年で、
身体の細胞がほぼすべて入れ替わるなんて話もあります。

今のからだは、半年前に食べたもので作られている

そんな話を聞いたことありませんか?

 

食事改善

 

もちろん、
もっと時間をかけて入れ替わる細胞もあるでしょうし
年齢にもよるので、絶対ではありません。

 

でも、少なくとも半年くらいはかかると考えれば

来年の花粉症対策を考えると
今から対策を講じることは必須と言えませんか?

 

何でもそうですが、
地道にコツコツ続けるのは
なかなか大変ですし、続きにくいです。

でも、逆を考えると

気づかぬうちに、少しずつ悪化していって
花粉症デビューをして、初めて気づいたわけです。

 

そのくらい、少しずつ。

 

東洋医学等の考えでも
不調が出るまでにかかった時間だけ
回復するにも時間がかかる

と言われています。

 

だからこそ、

薬を飲んでいても、治らないなあ
なんだか、他の花粉にも反応し始めた
春だけだったのが、秋にも症状が出てきた

 

そんなことに気づいた方には
早めの対策を講じてもらえたらと思います。

 

今は面倒だと思うかもしれませんが
花粉症が一生涯続くと考えたら
それよりはマシだと思いませんか?

 

折角の機会なので
将来のことを考えてみてはいかがでしょうか?

アレルギー症状の寛解状態とは?

解放

 

寛解とは?

国立国語研究所によると

症状が落ち着いて、安定した状態

症状が一時的に軽くなったり、消えたりした状態。
このまま治る可能性もあるし、場合によっては再発することもある。

あくまでもキープするだけなので
ふとしたきっかけで、再度、症状が出ることもあります。

花粉症なら、花粉に過度に反応しなくなった状態ですね。
アレルギー症状自体が軽いか出ない状態。

 

治ったように思いがちだけれど

花粉の飛散量が増えたり
何らかの影響によって
また花粉症の症状が出たりするのが寛解になります。

 

ハッピー

 

他の病名で寛解と言われるものには
アトピー性皮膚炎・喘息・ネフローゼ症候群・白血病
などがあります。

 

治ったのではなく、症状が出ていない状態をキープ。

 

花粉症の完治・根治で検索する方もいらっしゃいますが
実際は、なかなか厳しいところ。

 

どうやってキープしていくかが問題ですよね。
人によって合う対策は違うし
エビデンスは?と聞かれれば、ないものが大半です。

それでも、ある程度の傾向はあるので
そういうのを活用するのも手だと思います。

 

注意したいのは、
花粉シーズンに始めても意味がないということ。
花粉が飛び始める前から始めることで
万全の体制を整えていくことが大切になるのです。

 

それでも症状が出る場合は、薬を飲めばいい。

少しずつ準備を始めることで
薬を飲む回数を減らすことが出来たらいいなと
薬剤師だからこそ、願うのです。