ホメオパシーって、そんなことにも使えるの!?

女性 仕事

 

午前中はプチ個別相談のような
お茶をしばきに

 

まずは漢方ハーブティを飲んでみたいと
気になる症状をチェックしながら
一緒に選んでみる。

 

ハーブティ

 

お茶なので、症状が治るとかではないですが
健康維持や美容のために
続けられる方が増えています。

 

女性は命を育む準備をする必要もあるので
より健康には気を付けたいもの。

 

スキルアップ

 

お昼はランチへ

生後3か月の赤ちゃんがいたこともあり

助産院の話
身体ケアの話
栄養の話
体調管理の話
兄弟の話

など、盛りだくさん

 

どちらでも、ちょろっとレメディの話もしてて
そんな使い方もするのか!なんて驚きの声も

薬機法とかいろいろあるので
なかなか書けないですけどね。

 

本来、ホメオパシーは
セルフケアより個別相談に使うものなので
ずるずるセルフケアで頑張るより
大元の原因を探っていくことをおすすめします。

 

個別相談は症状の話だけに終わらない

 

昨夜は、遠方の方の個別相談。

今はオンラインで顔を見ながら会話が出来るので
電話だけより、様子がわかっていいですね。

 

 

個別相談では、今お悩みの症状について伺うのはもちろんのこと

家族のこと
仕事のこと
人間関係のこと
恋愛のこと
セルフケアのこと
薬のこと
身体のこと etc.

色んな話題が出てきます。

妊娠〜授乳期のトラブルに我慢以外のおてあて法〜おうちケア講座③〜

妊娠~授乳期
それは、最も薬を使いたくなくて
使える薬もほとんどない時期

何か症状があっても、我慢するしかない

そんな声をよく聞きます。
授乳期間によりますが、2年前後は薬が使えない。
でも、まったくトラブルがない人はほとんどいません。


35歳からの女性ホルモンや心に左右されない健康美作り3か月コース

 

35歳を過ぎると、女性は色々気になりだしますが
皆さんはいかがですか?

もっと美しくなりたい?
もっと健康になりたい?
心に左右されたくない?

健康で美しくありたい
私の考える健康美はこうです。

 

エネルギーが満ち溢れていて、一緒にいるだけで、周りの人も元気になれそう
落ち込んだりしても、切り替えまでの時間が短い
体調不良に自分でカンタンに対処できるくらい、体のベースが整っている
周りの健康や美容情報に左右されない


つまり、、

「冷え=生理痛の原因」とは限らない

【生理痛があるのは冷えているから】

女性なら、知っているのが当たり前ともいえる
聞いたことがない人を探すほうが大変かもしれませんね。

 

雑誌を読んでいても
冷え改善のための特集が組まれていたり。

 

某CMでも

【冷えは万病のもと】

と紹介されています。

 

それ自体は、否定はしません。
巡りが悪くなれば、色々影響しますから。

でも、冷えたからといって
生理痛が酷くなるわけでもないんだなあ
そんな体験をしたので、ご紹介しますね。

 

元々、生理痛はほぼないのですが
(昔は2日目は酷かったですよ)

生理2日目に、寒い中、一日中外にいたときのこと。

防寒していても
ほぼ確実に、からだの芯から冷えてしまったので
さすがに生理痛が起こるのではないかと覚悟していたんですね。

結果。。。

そのような状況でも、生理痛は起こらず。
(鼻水は垂れ流し)

もちろん、深部体温というものがありますから
いわゆる、「子宮だけが冷える」ということはありません。
(解剖生理学的には)



東洋医学的?な
冷えというか滞りが重なることで。。とも考えますが
あれだけ冷えれば、単発でも何かありそうなのに
何もなかったという体験。

冷えはよくない
温めないといけない

嫌というほど聞くフレーズで
別に否定するわけではないですが

なぜ生理痛が起こるのか?

考え直したいきっかけの出来事でした。

そもそも、
温めれば痛みが和らぐので
イコール「冷えている」と思っている人が多いだけなんですけどね。

要は、血行不良だからと。

 

温めることで、筋肉がゆるんだのかもしれませんし
血行不良だけが原因とは言えません。

冷えさえ解消すれば、生理痛は起こらない

そうではないよと言えるきっかけになったのでした。

薬剤師による10代女子&ママ向け《生理痛と痛み止め》セミナー

 

女性の皆さん、
生理の時、必ず生理痛がありますか?
痛みがあるとき、どう対処していますか?

薬?
温める?
自然療法?
ひたすら我慢?
そもそも、、、生理痛って、必ずあるもの?