早くも学級閉鎖が。風邪のときに抗生剤は飲む?飲まない?

 

昔から疑問だったこと。

風邪に抗生剤が処方されること。

 

薬を飲む

 

抗生剤は、細菌に対して使うもので
ウィルスには効きません。

そして、風邪の8割以上がウィルス性なので
大半の風邪には抗生剤は効かないのです。

 

だから、診察時に

「風邪ですね」

と言われた場合、ウィルス性だろうと判断されています。

細菌性を疑うなら
しっかり検査をして、細菌感染が見つかったら。。
と、言いたいところですが
検査結果が出るまでに時間がかかるため

ただのウィルス性ならとっくの昔に回復しているでしょうし
細菌性なら、症状が悪化しているかもしれません。

だから、抗生剤を出してしまおう

そういう流れになるのです。
(細菌とウィルスでは、
症状の特徴が少し違うので、ある程度推測可能)

あとは、2次感染予防のためと言われます。

子どもの風邪で出されるときは
これを理由に言われることが多いかもしれません。

ウィルスと戦った後に細菌がやってきて
細菌と戦う力が残っていなくてこじらせ肺炎に。。

だから、2次感染予防をしよう

そんなところでしょうか?

2次感染するとは限らないし
本当に予防になっているのかもわかりません。

 

以前、こんな研究発表がニュースで流れました。

2歳以下の抗生剤使用で
喘息やアトピーなどのアレルギー疾患のリスクが上昇

ワクチンとアレルギー疾患の関係性も聞きますが
抗生剤の方が、現実的ですよね。

結局、予防投与することによって
腸内環境が悪くなっているのでしょう。

腸内環境とアレルギーの関係は
よく聞くようになりましたしね。

 

血液検査

 

風邪に抗生剤を出さなければ、病院にお金が入る

嫌な書き方をしましたが。。

世界的に、抗生剤の使い過ぎが問題となっておりまして。
やっと、厚生労働省も動きました。

2018年4月より、
ただの風邪であれば、患者に抗生剤不要の説明をして
抗生剤を処方しなければ、病院に診療報酬が入ります。

当たり前のことではありますが
そこまでしないと、風邪に抗生剤を出し続ける
そういうことなのでしょう。

もちろん、細菌感染なら抗生剤は必要です。

細菌が出す毒素で死んでしまうこともあります。

だから、抗生剤を使いすぎて
抗生剤が効かない耐性菌が増えることを防ぎたいのです。

必要な時に、きちんと薬が効果を発揮する。

そのためには、薬に頼りすぎないことも大切です。

薬を過信せず
自然療法を過信せず
自己治癒力を過信せず

必要な時に、必要なものを選択できる力をつけたいですね。

赤ちゃんから使える救急箱~ホメオパシー初心者講座~

ホメオパシーって、どんなイメージ?

最近、ホメオパシーとかレメディとか聞くけど、どんなものだろう?
独学でセルフキットを使っているんだけど、いまいちわからないなあ。。

そう思っている人って、実は多いんです。

うさんくさいイメージもあるから、周りにも聞きづらい。。とか。

私もそう思っていたはずなのに、今や教える側になっています。

薬剤師なのに薬よりホメオパシーを使う理由

✔ どんなものか、一度、現物を見てみたい
✔ 砂糖玉を舐めるだけって本当なの?
✔ どうやってレメディーを選ぶの?
✔ こんな使い方でいいのかな?
✔ なかなか変化が見られないのはなぜ?
✔ 薬を飲んでいるけど、どうしたらいい?

というような内容について、初心者向けに開催しております。

『うさんくさいけど、気になる』と、参加される方もいらっしゃいますし
何かを売りつけることはしませんので、ご安心ください。

 

【無料】ホメオパシー超初心者向けお話会はこちら

 

炎症や風邪・花粉症の症状はからだの防衛反応

花粉症

 

私の中では当たり前のことですが
話をすると、「なるほどー!!」と
いまだに言われるお話です。

 

症状はからだの防衛反応である

全てこれで片づけていいのかは微妙ですが
(便秘とか)
よくある風邪や花粉症の症状は
少なくとも、からだが防衛しています。

 

子ども 熱 風邪

 

腫れ ⇒ 血管壁を白血球が通りやすくするため

発赤 ⇒ 血流量を増やし、組織修復を早めるため

発熱 ⇒ 病原菌の増殖を抑えるため、免疫細胞を活性化させるため

くしゃみ、鼻水、咳、嘔吐、下痢
   ⇒ 病原体をからだの外に追い出すため

 

このように、正常なからだの反応なのです。

 

もちろん、わたしたちの感覚的には
つらい不快な症状だと思い込んでいるので
薬を飲んでしまいます。

 

薬を飲む

からだの防衛機能を押さえてしまっているんですね。

 

だから、6月に入ってからも
インフルエンザで学級閉鎖が起こったりしていますが
きちんと熱を出せたりしていること自体は
ある意味、問題ないとは思います。

ただ、発症をゆるしてしまうくらい
呼吸器の防御反応が弱っていることに関しては
考えものだなと感じます。

 

今年は花粉症の症状がひどい人が多かったので
もしかすると、
免疫系のバランスが崩れているせいかもしれませんね。

 

からだの仕組みは複雑なので
こういう風に、切り取らずに全体を考える必要があります。

難しいですけどね。

 

せめて、良い悪いではなく
バランスをとることを意識してもらえたらと思います。

 

子どもの体調不良が起こる3つの理由~その2~

 

さて、子どもの体調不良について

私の見解3つ

 

1.本人の問題

2.からだが勉強中

3.母親の影響

 

今日は【2.からだが勉強中】について

 

無菌室である子宮の中で成長した胎児が

菌やウィルスだらけの世界に出てきた。

 

今まではお母さんに守られていたけど

これからは、自分で戦っていかなくてはならない。

 

敵との闘いだけでなく

暑さや寒さ、湿度や乾燥対策もしなくてはならない。

 

食べる練習もしないといけないし

寝がえりやハイハイ、歩く練習だってしなくちゃならない。

おしっこやうんちをする練習も。

 

人生で一番勉強した時期かもしれない

 

 

どれも、生きていく上で重要なことばかりですが

特に重要なのは、やはり敵との闘いです。

 

これが出来なければ、死に直結しますから。

 

だから、小さいうちからよく風邪をひくのです。

ワクチンの対象となる感染症は、ほぼ子どものころに感染するもので

子どものころにかかると、軽症で済むことが多いと言われています。

 

大人がかかるから、重症化する。

 

このあたりのことは予防接種講座でお話しているので割愛しますが

免疫の勉強中だからこそ

頻回に熱を出したり鼻水垂らしたりするのです。

 

そう考えると、

体調不良って、子どもにとっては大切なことなんだと思いませんか?

勉強中だから(仕方がない)って、思えませんか?

 

そう思えたら、肩の力が少し抜けるかもしれませんね。

子どもの体調不良が起こる3つの理由~その1~

 

さて、子どもの体調不良は何故起こるのでしょう?

 

医学的なものからエネルギー的なものまで

様々な見解があるとは思いますが。。。

 

私としては、この3つ

 

1.本人の問題

2.からだが勉強中

3.母親の影響

 

まずは、1つ目の解説から

次の写真を見て、何かひと言どうぞ

 ↓ ↓ ↓

寝相が悪い

母親になると、増えていく葛藤の日々

 

久しぶりに

「のどが痛い」と言った上の子。

明日は講座があるので
あらゆる手をつくして送り出しました。
インフルエンザで休んでいる子はいないので、そこは考えないようにしています。

 

子どものためにもと、会社員を辞めたのに

替わりがいない講師業。。。

矛盾してるよなあと、思うこともありますが

自分で体現しているからこそ、伝えられることがあります。

 

母親になると、

事あるごとに罪悪感や心配事と葛藤していませんか?

ホメオパシーを胡散臭いで片づけると、損をする

 

先日のホメオパシー初心者講座のご感想です。
胡散臭さは払拭されたようですよ^^

 

ホメオパシー

 

◆どうして講座に参加されようと思いましたか?◆

●以前から気になっていた。かなこさんから、「忙しくなると便利だよ!」とおすすめされた。

●ホメオパシーの使い方など知りたかったので

妊娠〜授乳期のトラブルに我慢以外のおてあて法〜おうちケア講座③〜

妊娠~授乳期
それは、最も薬を使いたくなくて
使える薬もほとんどない時期

何か症状があっても、我慢するしかない

そんな声をよく聞きます。
授乳期間によりますが、2年前後は薬が使えない。
でも、まったくトラブルがない人はほとんどいません。