早くも学級閉鎖が。風邪のときに抗生剤は飲む?飲まない?


昔から疑問だったこと。

風邪に抗生剤が処方されること。

薬を飲む

抗生剤は、細菌に対して使うもので
ウィルスには効きません。

そして、風邪の8割以上がウィルス性なので
大半の風邪には抗生剤は効かないのです。

だから、診察時に

「風邪ですね」

と言われた場合、ウィルス性だろうと判断されています。

細菌性を疑うなら
しっかり検査をして、細菌感染が見つかったら。。
と、言いたいところですが
検査結果が出るまでに時間がかかるため

ただのウィルス性ならとっくの昔に回復しているでしょうし
細菌性なら、症状が悪化しているかもしれません。

だから、抗生剤を出してしまおう

そういう流れになるのです。
(細菌とウィルスでは、
症状の特徴が少し違うので、ある程度推測可能)

あとは、2次感染予防のためと言われます。

子どもの風邪で出されるときは
これを理由に言われることが多いかもしれません。

ウィルスと戦った後に細菌がやってきて
細菌と戦う力が残っていなくてこじらせ肺炎に。。

だから、2次感染予防をしよう

そんなところでしょうか?

2次感染するとは限らないし
本当に予防になっているのかもわかりません。

以前、こんな研究発表がニュースで流れました。

2歳以下の抗生剤使用で
喘息やアトピーなどのアレルギー疾患のリスクが上昇

ワクチンとアレルギー疾患の関係性も聞きますが
抗生剤の方が、現実的ですよね。

結局、予防投与することによって
腸内環境が悪くなっているのでしょう。

腸内環境とアレルギーの関係は
よく聞くようになりましたしね。

血液検査

風邪に抗生剤を出さなければ、病院にお金が入る

嫌な書き方をしましたが。。

世界的に、抗生剤の使い過ぎが問題となっておりまして。
やっと、厚生労働省も動きました。

2018年4月より、
ただの風邪であれば、患者に抗生剤不要の説明をして
抗生剤を処方しなければ、病院に診療報酬が入ります。

当たり前のことではありますが
そこまでしないと、風邪に抗生剤を出し続ける
そういうことなのでしょう。

もちろん、細菌感染なら抗生剤は必要です。

細菌が出す毒素で死んでしまうこともあります。

だから、抗生剤を使いすぎて
抗生剤が効かない耐性菌が増えることを防ぎたいのです。

必要な時に、きちんと薬が効果を発揮する。

そのためには、薬に頼りすぎないことも大切です。

薬を過信せず
自然療法を過信せず
自己治癒力を過信せず

必要な時に、必要なものを選択できる力をつけたいですね。

【処方箋/薬の期限】余った薬はいつまで保管できる?

 

定期的に話題になる【薬の期限】
皆さんはいつまでかご存知ですか?

FBで、
『お医者様から、処方箋の期限は1年間だと聞いた』
という投稿を見かけて、思わず書いております。

 

病院 薬

皆さんは、期限についてご存知ですか?

 

まずは処方箋の期限について

質問したときのやり取りが不明なので、
単純な解説をしたいと思います。

【処方箋の有効期限は4日間】

病院を受診し、必要なら処方箋を書いてもらいます。
この書いてもらった処方箋の有効期限は4日間です。

これは休日も含むので
可能なら、その日中に薬局へ行きましょう。

定期受診されている方は別として
風邪などの一時的な症状で受診されている場合
4日も過ぎると、症状も回復してきている可能性があるので
もはや、薬もいらないかもしれませんよね。。

 

必要だけど、忘れてて4日間すぎた場合

土日祝を含む4日間。
うっかり薬局にいくのを忘れてしまった場合は
病院で再発行してもらいましょう。

ただし、保険がきかずに全額自己負担です。

薬

 

薬の使用期限は?

通常、製造されてから3~5年くらいが使用期限です。
「品質に問題なく、薬が効きますよ」という期限です。

品質管理の試験を行っており
さらに安定性が確認された薬は、途中で期限が延びることもあります。
(滅多にないですが)

これ、あくまでも未開封で製造されたタイミング。

病院や薬局でも、この期限を目安にしますが
私たちの手元にやってくると、期限がわかりません。
滅多に出ない薬は、期限ぎりぎりまで置いてたりもします。

しかも、家での保管状況はよろしくなかったり。
品質が気になります。

そもそも、病院で処方された薬は
飲み切ることが大前提。

余った薬は処分しましょう。

ええ、もったいないですよね。
でも、処分です。

似たような症状の時に使いたい気持ちもわかりますが
素人目線での判断です。
もしかしたら、飲んではいけなかったかもしれない。

わかりやすいところで、風邪に抗生剤とかね。

勝手に薬を飲んで、こじらせるケースも少なくありません。

品質が変わってしまった場合
思わぬ副作用が出ることだってあるかもしれません。
避けられるリスクは避けましょう。

特に、シロップ剤や目薬は
細菌汚染のリスクもあるので、余ればすぐに処分してくださいね。
(マスカラの使用期限も1ヶ月ですよ)

 

市販薬の場合は?

未使用の場合、
箱に記載されている使用期限を過ぎたら処分。

開封した場合、
錠剤であれば、6か月~1年くらいで処分と言われることが多いです。

あくまでも目安です。

でも、環境がどういう状態かが不明だから
ある程度の目安を設定しているだけなんですよね。

 

期限が短すぎると思うのであれば
薬を買わずに対処出来たら最高だと思うんですけどね。

 

 

1回に処方してもらえる量が減った話はアメブロにて

今後、花粉症の薬が保険適応外になる可能性も

花粉症薬を飲む


昨日、こんなニュースがFBでシェアされました。

花粉症薬、保険適応外に

お金がかかるようになるかも!?
どうしよう!?

そう思った方には、こちらの記事も

花粉症、処方薬と市販薬「大差なし」

薬

何だ、変わらないのか
良かった!!

そう思いましたか?

最大、年600億円の医療費削減効果が見込まれる

それだけ、花粉症で病院を受診している人がいるということですね。
それが市販薬になったとしたら
また色んな会社が薬を出すでしょうし
色んな対策グッズももっと増えるかもしれません。

私としては、これを機に
健康について考え直してもらうのが理想だなと考えます。

「一度、重症な花粉症を味わえ!」

といった内容のコメントが記事に投稿されていますが
そんな状態の人でも
薬をほとんど使わなくてもいいくらい改善している人もいます。

もちろん、個人差はあるでしょうし
誰がどこまで改善するかはわかりません。

そもそも、
どうして花粉に反応するのかもわかっていないのに
本当の解決策なんて見つかるはずもないのでは?

健康について見つめ直すメリットとしては
花粉症だけでなく、全体的に体調が整っていく可能性があるということ。

生活習慣病

これは、生活習慣が原因だと医者も言うわけですから
【見つめ直す=生活習慣を改善する】
つまり、生活習慣病の予防や改善にもつながります。

軽症の方だけでも、
見直しされるのがいいのではないかな?

重症でどうしようもないと思い込まれている方は
こんな薬ももうすぐ販売されるようです。

花粉症、抗体でもとからストップ ノバルティスが新薬

少し疑問があったので、薬の情報を探しましたが

・抗体そのものではなく、抗体(IgE)の邪魔をする薬
・抗ヒスタミン薬やステロイドで効果がないレベルが対象

・遺伝子組み換え製品
・動物実験では発がん性があるかの検証はしていない
(この薬がマウス・ラットに使えないから)

かなり。。。高額です。
対象者も少ないのでは?

保険適応外になるとしても
まだ先のことではあると思います。

症状が出てからでないと、向き合わない人が多いですが
本当は、症状が出ていないときから意識することが大切です。

だから、今のうちに準備を始めるのはいかがでしょうか?

花粉症に処方される薬~概要~

薬

 

一言で薬といっても

飲み薬(経口薬)、点滴、塗り薬(外用剤)、目薬(点眼薬)、
点鼻薬、注射、湿布etc.

といった、様々なものがあります。

 

花粉症とくれば、
基本的には、飲み薬が思い浮かぶ人が多いでしょう。

 

飲むと眠くなる

 

という副作用とセットで。

 

薬を飲む

 

眠気をとるか?
不快な症状をとるか?

そんな二択に悩む人もいます。

 

花粉症の薬は、基本的に
抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬
と呼ばれる種類の薬を使います。

 

これらが、眠気の要因になる薬です。

 

他にも、知らぬ間に、新しい薬や
今まで花粉症には使えなかった薬が
花粉症にも使えるようになっていたりしてますね。。

 

それだけ、需要があるということでしょう。

 

病院 薬

 

それでは、病院でよく処方されそうな
おくすりの分類です。

 

飲み薬

・第一世代抗ヒスタミン薬

レスタミン、ポララミン、(セレスタミン)etc.

 

・第二世代抗ヒスタミン薬

ザジテン、アレジオン、アレグラ、アレロック、クラリチンetc.

 

・他の抗アレルギー薬

リザベン、オノン、アイピーディetc.

 

点眼薬

・抗アレルギー薬

・ステロイド薬

 

点鼻薬

・抗アレルギー剤

・ステロイド薬

・血管収縮薬

 

目や鼻以外に症状があるなら
その症状に対応した薬が出ることもあります。

 

例えば、喘息・頭痛・肌のかゆみなど。

 

種類自体はそこまでありませんが
人によっては、いくつも薬が処方されるかもしれませんね。

 

それにしても。。。
薬をもらいにいくわずらわしさが減ったらいいと思いませんか?

健康の基準は人それぞれ。あなたの健康の基準は?

ヨガ 健康

 

健康美お茶会

眼心

事前相談(個別相談)

おうちケア講座

エイジングケア部

 

自分の健康に興味をもってもらいたいと
ある意味、上からなのかもしれないけれど
いろんな角度から発信しています。

 

エイジングケア

 

もちろん、何年も悩んでいる症状があるなら
個別相談でがっつり向き合ってほしい。

色々試して変わらなかったなら
私の所へ来ても、おうちケアでは変わらないかもしれないし
変わるとしても、数か月数年かかるかもしれない。

そのくらい、時間が経ちすぎているから。

とはいえ、

個別相談はお金もかかるし
本当に問題が解決するのか半信半疑

 

事前相談で、
「やっぱり今回は止めます」
という人も、少なくはない。

 

私の説明力のなさによって
費用対効果がないと判断されたところもあるだろうし
お金をかけてまで変わらなくていいという気持ちもあるし
本当にお金がないからという人もいるし
他にいい方法が見つかった人もいるだろうし
もう少し、自分で頑張るという人もいるし
とりあえず、症状さえ落ち着いたらそれでいいっていう人もいるし

本音は本人にしかわからない。

でも、結果はどうであれ
「事前相談を受けた」という一歩を踏み出した。

 

この一歩は、大きい。

 

相談するかを1年悩んで、やっと事前相談を受け
さらに1週間悩んだ人もいたけど
その後の変化はすごかった。

180℃、一気に方向転換するのは無理でも
1℃でも2℃でも向きを変えることができたら
違う景色が見えてくる。

その景色を、一緒に見たいんだと思う。

 

あなたは、今の健康状態に満足していますか?

【ストレス/プレッシャー/ショック】その先に出てくる感情や原因はさまざま

ストレス

 

・ストレス

・プレッシャー

・ショック

 

普段、私たちがよく使う言葉たち。

誰しもが大なり小なり抱えていて
自覚あるなしによらず、
こころもからだも影響を受けていたりします。

 

でも、よくこれらの言葉を使うわりに

 

私のストレスと
あなたのストレス

これらは全く別物であることがあります。

 

ストレス 悩み

 

怒りをため込むストレス

悲しみをため込むストレス

不安をため込むストレス

 

同じストレスでも、それで現れる感情は様々。

 

だからこそ、
それぞれ違う対処をする必要があります。

単純に、ストレス解消とは言えないのです。

 

臨床心理士さんとか、すごいですよね。

 

人によって、原因も伴う感情も異なるので
個々に合わせた対処をしてくれる人や方法を見つけてくださいね。

炎症や風邪・花粉症の症状はからだの防衛反応

花粉症

 

私の中では当たり前のことですが
話をすると、「なるほどー!!」と
いまだに言われるお話です。

 

症状はからだの防衛反応である

全てこれで片づけていいのかは微妙ですが
(便秘とか)
よくある風邪や花粉症の症状は
少なくとも、からだが防衛しています。

 

子ども 熱 風邪

 

腫れ ⇒ 血管壁を白血球が通りやすくするため

発赤 ⇒ 血流量を増やし、組織修復を早めるため

発熱 ⇒ 病原菌の増殖を抑えるため、免疫細胞を活性化させるため

くしゃみ、鼻水、咳、嘔吐、下痢
   ⇒ 病原体をからだの外に追い出すため

 

このように、正常なからだの反応なのです。

 

もちろん、わたしたちの感覚的には
つらい不快な症状だと思い込んでいるので
薬を飲んでしまいます。

 

薬を飲む

からだの防衛機能を押さえてしまっているんですね。

 

だから、6月に入ってからも
インフルエンザで学級閉鎖が起こったりしていますが
きちんと熱を出せたりしていること自体は
ある意味、問題ないとは思います。

ただ、発症をゆるしてしまうくらい
呼吸器の防御反応が弱っていることに関しては
考えものだなと感じます。

 

今年は花粉症の症状がひどい人が多かったので
もしかすると、
免疫系のバランスが崩れているせいかもしれませんね。

 

からだの仕組みは複雑なので
こういう風に、切り取らずに全体を考える必要があります。

難しいですけどね。

 

せめて、良い悪いではなく
バランスをとることを意識してもらえたらと思います。

 

薬に頼らない身体つくりを勧める理由とは?

花粉症薬を飲む

 

花粉症の方でも、時々、伺いますが
長期間、薬を飲み続けたせいか
薬が効かなくなってきたり

症状が悪化して、喘息症状が出る人もいます。

小さい子が花粉症と診断されたら、、?

どの薬もそうですが
ずっと使い続けることで
段々、その薬が効かなくなっていくことはあります。

 

薬

 

他の薬に変えたり

強い薬に変えたり

量を増やしたり

 

エンドレスですよね。
だからこそ、薬を開発しつづけなければなりません。

 

それが、薬を使わなくても
症状が出ない身体作りに意識を向けられるように
どうにかならないのかな?と日々考えます。

 

そうすれば、薬が効かなくなる状況を回避できそうじゃないですか?

 

健康な体つくりを意識出来たら
他の病気の予防にも繋がっていく

医療費削減にも貢献できそうですが、いかがですか?

 

健康を維持するために出来ること

 

もっと考えてみませんか?

花粉シーズン前に出来る治療法【減感作療法】

病院 薬


昨日はレーザー治療についてご紹介しました。

今日は、減感作療法について。

減感作療法とは?

アレルギーの原因物質(アレルゲン)を
少しずつ体内に取り入れることで
身体にアレルゲンを慣れさせ、アレルギー症状を出しにくくする方法。
アレルゲン免疫療法とも呼ばれています。

食物アレルギーでも、似たことをしますよね。

現在は、舌下にのせるタイプ皮下注射があります。

メリット

・舌下投与なら痛みは無し
・舌下投与は自宅で行える(初回は病院で)
・1年目の花粉シーズンから、症状が和らぐことが期待される
・アレルギー症状を長期間和らげることができる
・症状が和らぐことで、花粉シーズン中の薬を減らすことができる
・100年以上前から行われている

スギ花粉を使って、スギ花粉症を改善する。
つまりは同種療法ですよね。

デメリット

・3~5年続けることが必要
・メカニズムは解明されていない
・治るとは限らない
・治療終了後、また症状が悪化していく可能性もある
・アレルゲンを取り入れるので、重篤なアレルギー症状が出る恐れもある
・花粉シーズンには出来ない
・特定の花粉とダニ用しか薬がない
・舌下投与は服用方法をきちんと守る必要がある

皮下注射:月1受診時に
舌下投与:自宅で毎日服用

特に舌下投与は、
薬ごとに舌下にのせておく時間が決まっています。
それを守らないと、期待できる効果が得られないので
患者の理解度が重要になります。

国内の治験では、5歳から実施し
成人と変わらない効果があったとされています。

海外では、5歳未満でも有効性があり
安全性にも差はないとされています。

でも、前述の理由により
方法を理解できる年齢(7歳頃)から
推奨する病院もありますので
お近くの病院にご相談ください。

舌下投与について相談出来る病院は
こちらのサイトから検索できます。

花粉シーズン前に出来る治療法【レーザー治療】

病院 薬

 

むかーーし、レーザー治療した人がいたな
そんなことを思い出しながら書いてます。

 

レーザー治療とは?

鼻の粘膜にレーザーを当てるものなので
目の症状が強い人には無効。

レーザーを照射し、鼻の粘膜を焼くことで
アレルギー反応が起こりにくくするもの。

 

個人差や病院によって変わりますが
一般的に言われているメリット/デメリットをまとめました。