花粉が飛び出した〜この流行には鈍感でありたい〜

先週くらいから

鼻がむずむずする〜

そんな話をちらほら見かけるようになりました。

量は少なくても

敏感な人は反応してしまうのですね。

薬

新型コロナには

マスクはあまり予防になりませんが

花粉症には、マスクすることは意味があります。

マスク不足は、花粉症の方にも大打撃の模様

1人ひと箱制限により

レジは長蛇の列で時間がかかりますね…

マスクが手に入らなくて辛いなら

他の方法も取り入れてみては?

薬は予防にはならないので

本格的に花粉が飛び出す前に

薬に頼らない生活をはじめませんか?

今年はスギ花粉は少ない模様

 

【はなこさん】て、ご存知ですか?

はなこさん情報

 

環境省の花粉観測システムのことです。

 

気象庁は、花粉飛散予測

 

去年は暑すぎたから

今年は、スギ花粉は少ない模様。

 

それなら、花粉症もマシなのかしら?

 

花粉症

例年並みの症状なら

花粉の量以外の問題があるということかもしれませんね。

 

花粉対策におすすめのグッズもあります。

薬に頼らない薬剤師にご相談くださいね。

薬剤師が薬を飲むことを反対され、薬を飲まずに花粉症改善した話

 

なんだか謎解きのようですが

もうネタにするしかないお話

 

※登場人物は全員薬剤師

A 「私、花粉症なんですけど、元薬剤師の整体師さんに、薬を飲まない方がいいって言われたんです」

私 「それで、どうしたんですか?」

A 「薬止めて、花粉症におすすめのお茶とかを飲むだけにしてみたら、最初はひどかったけど、年々、本当に楽になってきたの!!」

私 「すごい!!どのくらいかかったんですか?」

A 「3年くらいはかかったかなあ?完全に治ったというわけではないけれど、かなり楽になってる」

 

どうですか?

 

読んだ感想は、2パターンあると思います。

●すごい!誰でも改善するのかな?

●3年もかかるのかあ

 

あなたはどっち?

 

花粉症薬を飲む

すぐに薬を飲む人もいますが

薬を飲まないといけないくらいひどくなるにも

数年かかると思うんです。

 

数年かけて悪化したから

数年かけて改善する

 

ただ、それだけのこと。

 

色々学んだ結果、

私も薬を飲まない方が、改善は早いと考えています。

色んな方法があるので、まずはご相談くださいね。

何でも不都合なことが副作用とは限らない

 

薬局での出来事

 

・かゆみがあり、かゆみ止めを半錠寝る前に飲んでいる

・昼間もボーッとするのはかゆみ止めのせい?

・それなら、薬飲むのを止めたほうがいい?

 

そんな相談を受けました。

 

 

半分しか薬飲んでなくて

そこまでの影響はあるかしら?

 

そんなことを考えていると、追加情報として

 

・睡眠薬もらっている

・周りの人に、癖になるから飲まないほうがいいと言われてる

・担当医には23時には飲むよう指示されている

・飲まずに2時3時頃まで起きている。

・ひどければ寝ていない

・気づけば朝10時頃のことも

・睡眠薬飲まなきゃだめ?

 

副作用以前の問題では??

 

眠れないのに、薬も飲まず

夜に眠れないから、昼に眠くなる

ただそれだけのような…

 

年配の方なので

こうと思ったらこう!なんですよね。

(以前にもあった方なので)

 

皆さんはどう思われますか?

花粉症予防に薬を飲んでいる方へ

『花粉症予防に飲みましょうと言われた』

薬局で薬をお渡しするとき
そう言わわれることがあります。

抗ヒスタミン薬
抗アレルギー薬

そう分類される薬です。

そんな使い方あったかな?

ググってみると、
実際、そういう目的で出されていることもあるようで。

 

ある意味、正解であり不正解。

 

花粉症薬を飲む

 

花粉が飛び始める前から薬を飲むことで
確かに、症状が出ない状態をキープすることは可能です。

ただ、花粉に対するアレルギー反応そのもので考えると

花粉(敵)に対する抗体(武器)は作られるので
本当の意味での予防にはならないと考えます。

 

からだは必要なことをしているだけ

花粉を敵認定し続ける限り
アレルギー反応はおさまりません。

注射や舌下錠で、
花粉エキスを少しずつ体内に入れて
アレルギー反応を落ち着かせていく方法はありますが
体調が悪い時など、
アレルギー反応が強く出る恐れもあるので
リスクもあります。

なぜ、アレルギー反応が落ち着くか不明と書かれていますしね。

必要があって抗体を作り
その抗体が、敵を追い出そうと
鼻水やくしゃみを出すため、次の細胞にバトンを渡します。

その細胞がヒスタミンなどのアレルギー反応を起こす物質を出すので
薬がそれを邪魔するのですが

邪魔することで、鼻水やくしゃみは出なくなる。

でも、敵はどんどんやってくる。

追い出さなきゃと、必死にからだは抗体を作る。

薬で抑えているから、鼻水やくしゃみは出ない。

 

なぜだ。。。

なぜ、鼻水くしゃみが出ないのだ。。。

 

 

からだは、そんな気分だと思われます。
そうすると、どうなるのか?

例えば、

バトンタッチする細胞を増やしたり
ヒスタミン等が働くための場所を増やしたり

 

つまり、アレルギー反応がより過敏になります。

 

花粉症

 

年々、花粉症がひどくなっている。

なんだか、薬が効かなくなってきた。

心当たり、ありませんか?

早くも学級閉鎖が。風邪のときに抗生剤は飲む?飲まない?

 

昔から疑問だったこと。

風邪に抗生剤が処方されること。

 

薬を飲む

 

抗生剤は、細菌に対して使うもので
ウィルスには効きません。

そして、風邪の8割以上がウィルス性なので
大半の風邪には抗生剤は効かないのです。

 

だから、診察時に

「風邪ですね」

と言われた場合、ウィルス性だろうと判断されています。

細菌性を疑うなら
しっかり検査をして、細菌感染が見つかったら。。
と、言いたいところですが
検査結果が出るまでに時間がかかるため

ただのウィルス性ならとっくの昔に回復しているでしょうし
細菌性なら、症状が悪化しているかもしれません。

だから、抗生剤を出してしまおう

そういう流れになるのです。
(細菌とウィルスでは、
症状の特徴が少し違うので、ある程度推測可能)

あとは、2次感染予防のためと言われます。

子どもの風邪で出されるときは
これを理由に言われることが多いかもしれません。

ウィルスと戦った後に細菌がやってきて
細菌と戦う力が残っていなくてこじらせ肺炎に。。

だから、2次感染予防をしよう

そんなところでしょうか?

2次感染するとは限らないし
本当に予防になっているのかもわかりません。

 

以前、こんな研究発表がニュースで流れました。

2歳以下の抗生剤使用で
喘息やアトピーなどのアレルギー疾患のリスクが上昇

ワクチンとアレルギー疾患の関係性も聞きますが
抗生剤の方が、現実的ですよね。

結局、予防投与することによって
腸内環境が悪くなっているのでしょう。

腸内環境とアレルギーの関係は
よく聞くようになりましたしね。

 

血液検査

 

風邪に抗生剤を出さなければ、病院にお金が入る

嫌な書き方をしましたが。。

世界的に、抗生剤の使い過ぎが問題となっておりまして。
やっと、厚生労働省も動きました。

2018年4月より、
ただの風邪であれば、患者に抗生剤不要の説明をして
抗生剤を処方しなければ、病院に診療報酬が入ります。

当たり前のことではありますが
そこまでしないと、風邪に抗生剤を出し続ける
そういうことなのでしょう。

もちろん、細菌感染なら抗生剤は必要です。

細菌が出す毒素で死んでしまうこともあります。

だから、抗生剤を使いすぎて
抗生剤が効かない耐性菌が増えることを防ぎたいのです。

必要な時に、きちんと薬が効果を発揮する。

そのためには、薬に頼りすぎないことも大切です。

薬を過信せず
自然療法を過信せず
自己治癒力を過信せず

必要な時に、必要なものを選択できる力をつけたいですね。

【処方箋/薬の期限】余った薬はいつまで保管できる?

 

定期的に話題になる【薬の期限】
皆さんはいつまでかご存知ですか?

FBで、
『お医者様から、処方箋の期限は1年間だと聞いた』
という投稿を見かけて、思わず書いております。

 

病院 薬

皆さんは、期限についてご存知ですか?

 

まずは処方箋の期限について

質問したときのやり取りが不明なので、
単純な解説をしたいと思います。

【処方箋の有効期限は4日間】

病院を受診し、必要なら処方箋を書いてもらいます。
この書いてもらった処方箋の有効期限は4日間です。

これは休日も含むので
可能なら、その日中に薬局へ行きましょう。

定期受診されている方は別として
風邪などの一時的な症状で受診されている場合
4日も過ぎると、症状も回復してきている可能性があるので
もはや、薬もいらないかもしれませんよね。。

 

必要だけど、忘れてて4日間すぎた場合

土日祝を含む4日間。
うっかり薬局にいくのを忘れてしまった場合は
病院で再発行してもらいましょう。

ただし、保険がきかずに全額自己負担です。

薬

 

薬の使用期限は?

通常、製造されてから3~5年くらいが使用期限です。
「品質に問題なく、薬が効きますよ」という期限です。

品質管理の試験を行っており
さらに安定性が確認された薬は、途中で期限が延びることもあります。
(滅多にないですが)

これ、あくまでも未開封で製造されたタイミング。

病院や薬局でも、この期限を目安にしますが
私たちの手元にやってくると、期限がわかりません。
滅多に出ない薬は、期限ぎりぎりまで置いてたりもします。

しかも、家での保管状況はよろしくなかったり。
品質が気になります。

そもそも、病院で処方された薬は
飲み切ることが大前提。

余った薬は処分しましょう。

ええ、もったいないですよね。
でも、処分です。

似たような症状の時に使いたい気持ちもわかりますが
素人目線での判断です。
もしかしたら、飲んではいけなかったかもしれない。

わかりやすいところで、風邪に抗生剤とかね。

勝手に薬を飲んで、こじらせるケースも少なくありません。

品質が変わってしまった場合
思わぬ副作用が出ることだってあるかもしれません。
避けられるリスクは避けましょう。

特に、シロップ剤や目薬は
細菌汚染のリスクもあるので、余ればすぐに処分してくださいね。
(マスカラの使用期限も1ヶ月ですよ)

 

市販薬の場合は?

未使用の場合、
箱に記載されている使用期限を過ぎたら処分。

開封した場合、
錠剤であれば、6か月~1年くらいで処分と言われることが多いです。

あくまでも目安です。

でも、環境がどういう状態かが不明だから
ある程度の目安を設定しているだけなんですよね。

 

期限が短すぎると思うのであれば
薬を買わずに対処出来たら最高だと思うんですけどね。

 

 

1回に処方してもらえる量が減った話はアメブロにて

今後、花粉症の薬が保険適応外になる可能性も

花粉症薬を飲む

 

昨日、こんなニュースがFBでシェアされました。

 

花粉症薬、保険適応外に

 

お金がかかるようになるかも!?
どうしよう!?

そう思った方には、こちらの記事も

 

花粉症、処方薬と市販薬「大差なし」

 

薬

 

何だ、変わらないのか
良かった!!

 

そう思いましたか?

 

最大、年600億円の医療費削減効果が見込まれる

それだけ、花粉症で病院を受診している人がいるということですね。
それが市販薬になったとしたら
また色んな会社が薬を出すでしょうし
色んな対策グッズももっと増えるかもしれません。

私としては、これを機に
健康について考え直してもらうのが理想だなと考えます。

「一度、重症な花粉症を味わえ!」

といった内容のコメントが記事に投稿されていますが
そんな状態の人でも
薬をほとんど使わなくてもいいくらい改善している人もいます。

もちろん、個人差はあるでしょうし
誰がどこまで改善するかはわかりません。

そもそも、
どうして花粉に反応するのかもわかっていないのに
本当の解決策なんて見つかるはずもないのでは?

健康について見つめ直すメリットとしては
花粉症だけでなく、全体的に体調が整っていく可能性があるということ。

生活習慣病

これは、生活習慣が原因だと医者も言うわけですから
【見つめ直す=生活習慣を改善する】
つまり、生活習慣病の予防や改善にもつながります。

 

軽症の方だけでも、
見直しされるのがいいのではないかな?

 

重症でどうしようもないと思い込まれている方は
こんな薬ももうすぐ販売されるようです。

花粉症、抗体でもとからストップ ノバルティスが新薬

 

少し疑問があったので、薬の情報を探しましたが

・抗体そのものではなく、抗体(IgE)の邪魔をする薬
・抗ヒスタミン薬やステロイドで効果がないレベルが対象

・遺伝子組み換え製品
・動物実験では発がん性があるかの検証はしていない
(この薬がマウス・ラットに使えないから)

かなり。。。高額です。
対象者も少ないのでは?

 

保険適応外になるとしても
まだ先のことではあると思います。

症状が出てからでないと、向き合わない人が多いですが
本当は、症状が出ていないときから意識することが大切です。

 

だから、今のうちに準備を始めるのはいかがでしょうか?

スポーツを頑張る子のためのケアサポート

陸上 スポーツ

 

子どもがスポーツをし出すと
思った以上にトラブルの多さに気づきます。

大なり小なり
ケガをしたり
熱中症の手前か気分不良の子も

 

そういう時、皆さんはどうされていますか?

 

小さいうちから運動を始めても、からだのケア出来てる?

スポーツのケアと言えば
クールダウンしたり
ストレッチしたり

睡眠や食事も大切。

最近は、テレビやYouTubeの影響もあり
ダンスやバレエ、水泳など
未就学児でも、運動をする子が増えました。

親の影響があれば
ゴルフや自転車競技なども。

小さいうちから始めたら
確かにうまくはなるでしょうが
ケアは出来ていますか?

我が子もそうですが
見よう見まねでストレッチするくらいで
何故、ストレッチするのか?
説明しても理解出来ていない子が多いのでは?

成長期でもあり
まだからだが未完成が故、無理がきいて
からだに負担がかかることも

バスケ スポーツ

子どもは感情に左右されやすいからこそ、日々のケアを

子どもって、感情に左右されやすいですよね。
勢いで止めちゃう子もいるし
頑張りすぎちゃう子もいます。

やりたいことに打ち込むのは素晴らしい
でも、その気持ちが強すぎると

練習を頑張りすぎたり
痛みや体調不良を押してまで
練習や試合に出ようとする子もいます。

 

ケガ

 

休むことで、
みんなに置いて行かれるんじゃないかと
焦って無理をしたり。

しっかり休む方が、治りも早いのですが
子どもは待てと言っても待てないんですよね。

だからこそ、
小まめにケアしていくことが大切になります。

 

小まめなケアに薬は使わない

薬って、予防に使うものではありませんよね。
何か起こってからしか使えない。

ささいなことに頻回に使っていると
段々、効きが悪くなったり
副作用の心配も出てきます。

痛み止めの副作用に頭痛があるのご存じですか?

病院に行くほどの痛みやケガですら
大量の痛み止めはもらえません。
湿布くらいはもらえるかな?

病院に行かない程度の症状なら
氷で冷やしたり冷却スプレーを使ったり。

それも、怪我をしてからの対処ですよね。

すぐには痛みも引かないので
サポーターやテーピングを巻いて
練習を続ける子もいます。

身体は休みたがっているのに
無理して頑張るから
なかなか治らない経験をしたことありませんか?

ストレス

我慢するのも頑張るのもストレスになります。

『何とかしたい/してあげたい』親子のためのサポート

痛みが出てからケアするのではなく
痛みが出る前に小まめにケアしたい。

打ち身、ねんざ、擦り傷、出血、打撲、痛み、疲労感、熱中症etc.

スポーツをしていれば、
いろんなケガをする可能性があります。

「ケガはつきもの」

先日も炎上していましたが
本当に難しい問題です。

個人競技と団体競技ではまた違うし
正解なんてない。

子どもたちからしたら、

「後悔したくない」

その気持ちだけでしょう。
その後、どうなるかは誰にもわかりません。


正解なんてないからこそ
出来ることは何でもやったらいいんじゃないかと思います。

ケガをしてからケアをするのではなく
ケガをしないようにケアしていく。

それであれば、薬の出番はないので
ホメオパシーを活用してもいいと思うんですよね。

とりあえず冷やすという処置が多いので
そこにプラスαレメディを活用する。

睡眠や食事に気を付けるのは
スポーツをする子には当たり前なことなので
よりレメディも活かしやすくなるのでは。

レメディは、メンタル面にも使えるのが嬉しいところ。

緊張してお腹が痛くなったり
プレッシャー等で周りに八つ当たりしたり

そんな時にも、お守り代わりになりますよ。
もちろん、砂糖玉なので、ドーピング検査には引っかかりません。

あがり症の私も、レメディに助けられたことがあります。

 

万能なものはないから、何でも上手く活用しませんか?

 

サポート内容詳細

【費用】
1年目 10,000円/年
2年目以降 6,000円/年

・申し込み日を起点とした年間契約
・兄弟でご希望の場合は、1人あたり3,000円追加
 (携帯ケースは1つのみ)
 この場合、ペイパルでの対応が出来ませんので
 振り込み対応となります。
・兄弟でスポーツが異なる場合、キット内容が変わる可能性があります。
 個別にお申込みください。
・個人契約の内容になります。
 チームでのご契約については、別途お問合せください。

【含まれるもの】
・携帯ケース1つ
・使い方のミニ冊子
・補充レメディ
・使い方の指導
・ケアのサポート
 (レメディの基本キットをお持ちの方は、風邪などのサポートも)

 

Q:6種類も選べない場合はどうしたらいいですか?
A:必要になった時に、後から追加も可能です。
 どうしても6本必要なさそうという方は、
 風邪や生理痛などに使っていただいても大丈夫です。

 

スポーツケア

ポケットティッシュサイズで、ティッシュより少し厚みはあります。

 

【申し込み後の流れ】

申し込みサイトから申し込む
 ↓
入金・入金確認
 ↓
面談(対面 or オンライン)
 ↓
レメディ決定
 ↓
発送

・サポートはLINE公式アカウントにて行います。
面談時やプチ冊子にも使い方を載せますが
使い始めは不安や質問もたくさん出ると思いますので
お気軽にご活用ください。

ただし、即返信できないこともございます。

すぐに返信が欲しい状況は
まずは受診をした方がいい可能性も高いので
状態を確認して処置してもらってください。

そのあたりも、面談時にお話ししましょう。

スポーツケアサポートに申し込む

 

多くの方に活用いただきたいので
かなりお求めやすくなっております。

補充分は有料でも申し込みたいという人もいらっしゃいます。
(使用量を見て、追々、補充分は有料になる可能性はございます)

 

見守る以外に出来ること、始めませんか?

花粉症に処方される薬~概要~

薬

 

一言で薬といっても

飲み薬(経口薬)、点滴、塗り薬(外用剤)、目薬(点眼薬)、
点鼻薬、注射、湿布etc.

といった、様々なものがあります。

 

花粉症とくれば、
基本的には、飲み薬が思い浮かぶ人が多いでしょう。

 

飲むと眠くなる

 

という副作用とセットで。

 

薬を飲む

 

眠気をとるか?
不快な症状をとるか?

そんな二択に悩む人もいます。

 

花粉症の薬は、基本的に
抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬
と呼ばれる種類の薬を使います。

 

これらが、眠気の要因になる薬です。

 

他にも、知らぬ間に、新しい薬や
今まで花粉症には使えなかった薬が
花粉症にも使えるようになっていたりしてますね。。

 

それだけ、需要があるということでしょう。

 

病院 薬

 

それでは、病院でよく処方されそうな
おくすりの分類です。

 

飲み薬

・第一世代抗ヒスタミン薬

レスタミン、ポララミン、(セレスタミン)etc.

 

・第二世代抗ヒスタミン薬

ザジテン、アレジオン、アレグラ、アレロック、クラリチンetc.

 

・他の抗アレルギー薬

リザベン、オノン、アイピーディetc.

 

点眼薬

・抗アレルギー薬

・ステロイド薬

 

点鼻薬

・抗アレルギー剤

・ステロイド薬

・血管収縮薬

 

目や鼻以外に症状があるなら
その症状に対応した薬が出ることもあります。

 

例えば、喘息・頭痛・肌のかゆみなど。

 

種類自体はそこまでありませんが
人によっては、いくつも薬が処方されるかもしれませんね。

 

それにしても。。。
薬をもらいにいくわずらわしさが減ったらいいと思いませんか?